Kendrick LamarとRick Rubinが対談、次回作やエミネムからの影響について語る

Kendrick LamarとRick Rubinの対談がGQのYouTubeチャンネルで公開された。Rick Rubin(リック・ルービン)は、Beastie BoysやRun D.M.C.、Red Hot Chili Peppersなどを手がけた伝説的なプロデューサーである。

 

約50分間の対談では、Kendrickの次回のアルバムについてや、Kendrickが受けたJay ZやEminemからの影響などについて語られた。

対談の中で、『To Pimp a Butterfly 』はこれからのKendrickの活動の方向性を示すものであったかというRickの問いに対して、Kendrickは「あれを作ったのは確かに自分だ。だから、こういう方向性が続いていかないだろうとは言えない。なぜなら自分の音楽には常に何かしらの自分のDNAが含まれているはずだからだ。だけど、俺は自分が成長していく存在だってことを知ってるんだ。」と話した。

また、続けて彼は自分の音楽のなかに共存している様々なキャラクターについてや、自らが敬愛するPrinceからの影響、そして彼からは「幅広い感情の引き出し」を持つことを学んだことなどを語る。

次回のアルバムについては、まだ話すには早すぎるとはしつつも、いくつかのアイデアがあることを明かした。

「いくつかのアイデアと、ある一つのアプローチについて考えてはいるけど、それが実際どのように表現されていくかを見てみたいんだ。全ての絵を壁に描いてからそれがどこへ向かっていくのかを見たい。多分、あなた(ルービン)がそれを助けてくれることになるのだろうね。」と今後のRick Rubinとの制作についても示唆した。

また、RubinがKendrickの言葉への強い意識について触れると、それにはKendrickがキッズの頃にEminemから学んだことが大きいのだと話した。Eminemの『The Marshall Mathers LP 』を初めて聴いた時の「言葉のビートへの乗せ方」に受けた衝撃は今でも覚えているという。

動画の最後には、Kendrickが制作モードに入りつつあること、そしてRick Rubinとの制作を考えていることを明かした。

Rick Rubinが所有するマリブにあるShangri La Studiosでの対談は以下から観ることができる。

 

(辻本秀太郎)

RELATED

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d. city』が350週間全米アルバムチャートにランクイン|ヒップホップアルバムではEminemの『The Eminem Show』に次ぐ記録に

2012年にリリースされたKendrick Lamarのアルバム『good kid, m.A.A.d. city』が、密かに驚きの記録を打ち立てていたようだ。 XXLによると、『good kid, m.A.A.d. city』はリリースから350週が経過した現在もBillboardの全米アルバ...

2PacやEminem、50 Centなどのマスターレコードが2008年の火災により焼失していたことが判明

今から11年前の2008年6月、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス北部にあるUniversal Studios Hollywoodで大規模な火災が起こった。『Back to the Future』や『宇宙戦争』などで使われたセットをはじめ、ビデオテープや映画フィルムを収蔵する倉庫1棟が全焼するなどの被害に見舞われたUniversal Studios Hollywoodだが、実はこの火災により、多くの著名アーティストのマスターレコードが焼失していたことが明らかになった。

【コラム】Prince 『Anthology: 1995–2010』| 後追い世代から見るPrinceの巨大さ

私が生まれたのは1987年で、Princeが9枚目のアルバム『Sign o' the Times』をリリースした年だから、Princeの音楽に関しては後追いもいいところ(ミーハーなことを言うと6月生まれの双子座でPrinceと一緒!)。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。