Jaden Smithがかつて自分は吸血鬼だったと告白

ウィル・スミスの息子で、映画俳優/ラッパーのJaden Smithがフランスのファッション誌Numeroのインタビューに登場、かつて自身がヴァンパイアだったと興味深い告白をして話題になっている。

 

Jadenは「これまでの人生の一時期、僕はゴスだったことがある」と回答、その後に続けて「黒しか着なかったし、太陽も避けていた、なぜなら僕は吸血鬼だったから」と告白した。

その回答を比喩だと思った質問者が、「吸血鬼とはどういう意味ですか?」と尋ねたところ、「実際僕は吸血鬼だったんだよ」とJadenは比喩でもなんでもないと説明し、再度「太陽を避けなければいけなかったし、黒のトレンチコートしか着なかった」と語った。

もちろん「今は吸血鬼じゃないよ、その時代からは抜けたんだ。服も様々な色を着るし、陽の光も浴びれるよ。」と現在は吸血鬼ではないことも示した。

Via Pigeon & Planes

 

RELATED

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

インドの名門ムンバイ大学でラッパーになるための講義が設置か

ヒップホップが世界のチャートを席巻するようになったここ数年。ハーバード大学でラップアルバムが卒業論文として提出されるなど学術研究のテーマとしてもヒップホップは注目を集めているが、インドでもその波が広がっているようだ。

ブロンクスにオープンするヒップホップ・ミュージアムの開館日が2023年に決定

以前2022年にNYのブロンクスにヒップホップ・ミュージアムが2022年に建設されると伝えたが、正式なオープン日が2023年になると発表された。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。