Young ThugがGucci Maneとの関係性を語る。Rich Homie Quanとの冷戦については...

Young ThugがGucci Maneと共に表紙を飾ったXXL誌のインタビューに応じ、Gucci Maneとの関係性やRich Homie Quanとの対立について語った。

 

インタビュー内でYoung Thugは、Gucci Maneが自身を見出してくれたおかげでキャリアにおける審美眼が広がったと述べた。所属するレーベル「1017 Brick Squad Records」のリーダーであるGucci Maneに関して、「彼はKanye Westみたいな天才だよ。本当にお金の面で援助してくれたし、俺の子供と共に助けてくれている。彼こそ俺のホーミーだよ」と語り、Gucci Maneへの絆を強調した。

Young Thugは加えて、彼の将来的なキャリアについても言及。将来的にMichael Jacksonと比較されるような「遺産」を残したいと語るYoung Thugだが、「いつの日か現実になってしまうかもしれない」との理由で、刑務所やギャング生活を謳ったラップに区切りをつけたいと述べている。

また、Rich Gangとしてこれまで数多く共演してきたものの冷戦状態にあるRich Homie Quanとの関係にも言及。今年3月に行われたライブでのYoung Thugによる挑発を端に発した両者の仲違いは未だ続いており、Rich Homie Quanの「彼はベスト・フレンド」という火消し発言も効果がなかった様子。

そんな彼との関係性についてインタビュー内で「Rich Homie Quanとは深い、深い、深い絆があった。でも最終的にはある種の失望を感じている。俺は今難しい局面にいるんだ。多くの人は天才じゃないけど、俺は天才だろ?だからこそ閉じこもりたいんだよ」と述べるなど、両者の関係性が回復するにはまだ時間がかかると強調している。(伊藤)

Via Noisey

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。