Rich Chiggaの“Dat $tick”リミックスにGhostface KillahとPouyaが参加

現在16歳のインドネシアのラッパーRich ChiggaはKeith ApeやKOHHに続く、アジアのラップシーンの注目株。彼が一躍注目を注目を集めたのが今年2月にリリースした“Dat $tick”のミュージックビデオだ。

 

シンプルなトラップビートにギャングスタライクでダーティーなラップに対して、ピンクのポロシャツとウェストポーチスタイルのビジュアルというギャップが受け、ミュージックビデオは現在1900万回再生を突破している。

このミュージックビデオもRich Chigga自身でプロデュースしたものだが、もともと彼はInstagramなどでコメディー動画を制作しており、そのセンスがあの笑っていいのかギリギリのラインのビデオになったといえるだろう。

“Dat $tick”のビデオはUSのラッパーたちにも評価された。話題のメディアプラットフォーム88risingが作成した、USの人気ラッパーたちに“Dat $tick”のミュージックビデオを見せるリアクション動画では、Ghostface Killahなどがビデオを絶賛している。

 

そして本日Ghostface KillahとマイアミのアンダーグラウンドラッパーPouyaが参加した“Dat $tick”のリミックスのミュージックビデオが公開された。このビデオは日本で撮影されたシーンも含まれていて、デコトラも登場している。デコトラは今年のGucciのプロモーションビデオにも登場、近未来的でありながら、どこかオリエンタルなものの象徴として機能している。このビデオもどこかファニーなテイストがキープされていて、Chiggaのキャラクターとうまくマッチしている。Keith ApeのマネージメントCXSHXNLYと契約したRich Chigga、さらに大きなブレイクはもう目の前にきているのは間違いない。

 

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。