クリスチャンのママがVince Staplesのリリックに大激怒

あるクリスチャンの女性が子供の送り迎えの途中に、ラッパーVince Staplesのアルバム『summertime '06』に収録されている“Norf Norf”が、車内で聞いていたラジオからプレイされた。彼女はVinceの過激なリリックの内容に拒否反応を示し、そのリアクションの動画をYoutubeに投稿した。

 

 

彼女は地元のラジオ局のTop40の番組を聞いている最中“Norf Norf”が流れて、リリックの内容に自分の耳を疑ったと終始連呼している。自分が子供時代に聞いていた曲とは、大きく様変わりしている、この曲は子供の将来性に悪影響を及ぼすと嘆いて、さらに、リリックを読み上げ、なぜこれがヒットしているのか理解出来ない、二度と子供に聞かせないと取り乱し声を荒げた。

“Norf Norf”はVinceが生まれ育ったnorf sideのギャングとの関係や生活、文化をリアルに描写した内容になっており、それは彼女にとってはあまりにも非現実的なものだった。

これ対してVinceはThe Inependentのインタビューで自身の楽曲が間違っていないことを主張している。

「俺は”Norf Norf”のビデオに関してはあまり語りたくない。俺もおもしろ物とは思ってないよ”“これは彼らのスタンス、意見、宗教を批難するものじゃないしね。あれはまだまだ甘いと思う。俺たちは白人と黒人の関係に間違った認識を持っていることが多い。俺は彼女はただ他人の行動に対してとても感情豊かなだけで、レイシストではないと思ってる。それに関して、みんなの意見も聞きたい」

と冷静な反応をみせた。(野口耕一)

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。