Keith Ape来日決定!大ヒット曲からKid Ash時代まで知っておいたほうがいい5曲をピックアップ

韓国のヒップホップシーンに世界の目を向けさせるきっかけとなったのが、昨年の正月にリリースされたKeith Apeの"It G Ma"だ。Keith Apeが所属するクルーのThe CohortのOkasianとJay All Day、そして日本からKOHHとSquash SquadのLootaがフィ−チャーされた"It G Ma"はJunior Chefによるオリエンタルな要素も入ったスカスカのビートとKeith Apeの吐き捨てるような中毒性の高いフックで、瞬く間にアメリカにも広がっていった。

 

アメリカに広まったきっかけは、当時ストリートヒットとなっていたOG Macoの" U Guessed It"との類似騒動というネガティブな問題だったが、その後Keith Apeは音楽の見本市SXSWに出演するため渡米。SXSWのライブで観客をロックし、類似騒動を吹き飛ばす実力をみせつけた。そのままアメリカツアーを行い、現在までアメリカに滞在し、制作を続けている。今年はEP『Self Portrait』をリリース予定だ。

そんなKeith Apeの待望の初来日が決定。東京・渋谷のSound Museum Visionで11/2の21時から初ライブをおこなう。

FNMNLでは来日を記念してKeith Apeの重要曲5曲をピックアップ。来日までにぜひチェックしてほしい。

1. Keith Ape - "It G Ma feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh"(2015)

Keith Apeの名を一躍スターダムに押し上げた代表曲であり、韓国いやアジアのヒップホップシーンに目を向けさせるきっかけとなった1曲。母国である韓国よりもアメリカや日本での方がミュージックビデオも再生されているという。

 

2. The Cohort - "Look Around" (2013)

韓国のアンダーグラウンドヒップホップシーンの潮流を変えたのが、Keith Apeが所属していたクルーThe Cohortだ。韓国系アメリカ人であるOkasianを中心にしたCohortはアメリカのメインストリームであるサウスのダーティーなモードを韓国に持ち込んだ。クルーとして唯一リリースされたアルバム『Orca Tape』には、ミニマルでありながらも中毒性のある楽曲が多数収録されている。中でもこの"Look Around"ではKeith Apeの特徴である吐き捨てるようなフロウがすでに花開いている。なおこの時Keith ApeはKid Ashを名乗っている。

 

3. Ken Rebel - "Underwater Rebels feat. Keith Ape,Okasian & Jay All Day" (2015)

NYのラッパーでRebel LifeというクルーのメンバーでもあるKen RebelがThe Cohortのメンバーを招いて制作した1曲。NYの街を荒らし回るミュージックビデオも印象的だが、Keith Apeの割って入ってくるような、重心の低いけれども、爆発力のあるフックが耳に残る。

 

 

4. Ronny J - "Vigorous feat. Keith Ape & Denzel Curry" (2015)

マイアミを拠点とする人気プロデューサーRonny Jの楽曲にRonny Jの盟友であるDenzel Curryと共に参加した1曲。Keith Apeはこの曲ではノイジーでインダストリアルなビートに全く引けをとらない、破壊的なフロウを炸裂させ、今年のXXL Freshmanに選ばれた注目ラッパーDenzel Curryとも余裕で渡り合っている。

5. Keith Ape - "Let Us Prey feat. Bryan Cha$e" (2016)

近日リリースのEP『Self Portrait』に収録される予定の最新チューン。Lil Yachtyなどにもビートを提供するアトランタのビートメーカーでラッパーのDigital Nasによるバブルガムなビートに、これまでにない優しいフロウをデリバリーするKeith Apeがとても新鮮だ。

related

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。