2010年代のサブカルチャーVaporwaveをテーマにしたショッピングモールがマイアミに期間限定で登場

2010年代のインターネットを代表する音楽ジャンルVaporwave (wikipedia: ヴェイパーウェイヴ)をテーマにしたショッピングモールが10月期間限定でマイアミに出現する。

 

10月7〜9日にマイアミで開催されるIII Points Music, Art & Technology Festivalにて、マイアミのアーティストAileen Quintanaはキッチュなデザイン、コンピューターで作られたようなグラフィック、謎の日本語、そしてレトロな「ミューザック」音楽を用いて、巨大なマイアミのアートセンターの空間をVaporwaveをテーマにしたショッピングモールに変化させるインスタレーション「Sunset@Noon」を行う。そのモールにはファッション施設やビデオ屋などが入店しているという設定で、今回のインスタレーションではインターネット発のカルチャーであるVaporwaveを直接経験できる。

モールにはステージが備え付けられており、地元のアーティストVirgo、Uchi、Otto von SchirachやRat Bastard が登場する。

iiipoints.png

2014年にすでにVaporwaveのアーティストが夢に見ていた「Vaporwaveのショッピングモール」がもうすぐ実現する。

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

ヴェイパーウェイヴの世界初となるディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』がDU BOOKSより発売

2010 年代初頭のインターネット上に突如現れ、80〜90年代のさまざまなカルチャーを内包しつつ独自に発展を遂げるジャンル「ヴェイパーウェイヴ」。その誕生から現在までを紐解くディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』が、DU BOOKSより12月6日に発売される。

フェスと旅をテーマにしたガイドブックが発売

フェスと旅をテーマに海外の音楽フェスに特化した、今までにない新しいガイドブック『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 世界の海外フェス完全ガイド』が4月24日発売された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。