Forbes誌による「ヒップホップアーティスト去年どれだけ稼いだかランキング」ヒントからアーティスト10人を当てるチャレンジ!

Forbes

経済誌であるForbesが「ヒップホップアーティスト去年どれだけ稼いだかランキング」を発表した。音楽だけでなく、ブランドなとどの契約金も含む。

 

10位 $18 Million
言わずと知れたCash Money帝国の長。Drake、Nickiらトップスターを擁するレーベル。

9位 $18.5 Million
フェス、Reebok、カルバン・クラインとの契約で荒稼ぎ。

8位 $19.5 Million
説明不要。今やG-Star Rawのオーナーの一人。

7位 $20 Million
キューバ系移民二世。スペイン語と英語のバイリンガル。マイアミの雄。プレイボーイなどと契約。

6位 $20.5 Million
唯一の女性アーティスト。

5位 $24 Million
1本あたり1000万円のギャラ。70本以上のギグ。大忙しの年に。

4位 $38.5 Million
最も音楽を売ったアーティストに。Apple、スプライト、Nikeとの契約も。

3位 $41 Million
10年ぶりのアルバム、映画。

2位 $53.5 Million
エンターテインメント、シャンパン、コニャックブランドからの収入で第2位。

1位 $62 Million
Circa Vodkaなど音楽以外の事業で2年連続のトップに。

さあこちらで答え合わせをしよう。

10問正解 DR. Dre。「Straight Outta ヒップホップクイズ」。
9問正解 DJ Premierクラス。クイズギャングスタ。
8問正解 J Dillaクラス。レジェンド。
7問正解 Pete Rockクラス。ア・リトル・クイズ・ソウル。
6問正解 RZAクラス。 ウータン・クイズ。
5問正解 Kanye Westクラス。クIZZO(クイズ王)
4問正解 Q-Tipクラス。Q(クイズ)-ティップ。
3問正解 The Bomb Squadクラス。ファイト・ザ・クイズ。
2問正解 The Nepturensクラス。Drop It Like It's クイズ。
1問正解 Timberlandクラス。 もっともっとクイズにWork It.

related

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。