リオ五輪でBeyonceの楽曲を使用する体操選手が登場

現在開催中のリオ五輪に出場している選手の中には、もちろん音楽が大好きな選手もたくさんいるはずだ。昨日紹介したイギリス代表の平泳ぎの金メダリストアダム・ピーティとグライムMCの熱い友情など、競技からはわからないストーリーを持った選手は他にもいるだろう。しかし競技中に音楽好きを表明する選手も存在する。

それは女子体操のブラジル代表選手レベッカ・アンドラーデだ。現在17歳の彼女はBeyonceの大ファンとして知られていて、昨日行われた女子団体の床の演技にBeyonceの代表曲"Crazy In Love"と"Single Ladies"を使用したルーティンを披露。この演技で見事にアンドラーデは床で4位の高得点を記録した。

 

RELATED

ブレイクダンスが2024年パリオリンピックの公式競技に追加か

ラップの楽曲が世界のヒットチャートを埋め尽くしている昨今だが、スポーツの世界でもヒップホップがその地位を不動のものにしつつあるようだ。2024年のパリオリンピックの公式競技に、ブレイクダンスを追加することが提案されているという。

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。