Vic Mensaが薬物中毒で自殺を試みそうになった過去を明かす

シカゴのクルーSave Moneyに所属するVic Mensaは先週末に地元で開催されたビッグ・フェスロラパルーザに出演し、出演後にアメリカの新聞Phoenix New Timesのインタビューを受けた。そのインタビューの中で語られたある体験が波紋を呼んでいる。

そのインタビューでVic Mensaは最新EPのタイトル曲" There's A Lot Going On"で歌われている「did acid in the studio one day and almost killed myself.」というリリックについて解説。

 

Mensaは「2013年くらいからおれは創作のサポートのためにと称して、ドラッグからドラッグへ飛び移っていった。それは実際ただのハンデキャップでしかなかったけど、その時点では曲作りのためにはサイケデリッグなドラッグが必要だと感じていたんだ」と語る。

「おれはバッドトリップをくらい、何もできなくなるくらいまでマッシュルームをやりすぎてた。おれが友達とアシッドをやりながらスタジオにいて、ハメを外してたとき、一気にネガティブな気持ちになったんだ。おれはめちゃくちゃテンションが下がって底辺にいる気持ちになって、床にしゃがみこんで更に奥底まで沈みこもうとした。おれは外に出て自分の車に戻ったんだ、その時はハロウィンの近くでオモチャのピストルが車のトランクにあった。それが本物のピストルじゃなくてよかったよ。その時はおれにはただ自殺願望しかなかったから。しばらくの間その恐怖に悩まされたよ」と当時の破天荒なドラッグ生活を振り返った。

またインタビューでMensaはデビューアルバムについても「音響的だし同時に叙情的なものになるね」と答え「おれのこれまでの人生について描いたパーソナルな内容になる、ポリティカルな事柄についてももちろん歌ってるんだけど、より個人的な体験を重視したよ」と語った。またアルバムタイトルは『Traffic』ではなく全く新しいものになるということも合わせて語った。インタビュー全文はPhoenix New Timesで読むことができる。


related

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

Vic Mensaが故XXXTentacionをBET Awardsでのフリースタイルにて批判

先日開催されたBET Awardsにて、故人ながら「Best New Artist」賞を受賞したXXXTentacion。彼がこの世を去って以来生前の彼を評価する声が多く上がっているが、そんな中常にシーンを冷静な目で批評し続けてきたシカゴのラッパーVic Mensaが、公の場でXXXTentacionを批判した。

Kanye Westの曲作りのプロセスの秘密をVic Mensaが明かす

Vic Mensaが番組『HOT97』のインタビューに出演した際に、Kanye Westとの関係、彼の作曲について語った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。