XLR8Rポッドキャスト10周年記念ウィークにDJ NOBUが登場!3時間のライブMIXを公開中

音楽ウェブメディアXLR8Rのポッドキャストは2006年8月3日に始まり、今年で10年目を迎える。10年間でXLR8Rは450回のポッドキャストをリリースした。

今週8月1日から6日金曜日までの5日間、XLR8Rは10周年を記念して毎日ポッドキャストをアップロードしている。その2日目に日本を代表するDJ、DJ NOBUが登場した。

7月16日、長野県湯の丸高原で行われたruralフェスティバルでのDJ Nobuのプレイがポッドキャストとして3時間そのまま配信されている。

スタジオセッションよりライブレコーディングをポッドキャストに選んだ理由をDJ Nobuは、ruralというフェスは非常にコンセプチュアルなフェスティバルであると評価した上で、そこでのプレイは日本の現在のテクノシーンのもう一つの側面を聴かせることができると考えるから、とインタビューで答えている。

その日、EnaとFelix Kのエクスペリメンタルなライブセットの後に登場したDJ Nobuは、ライブセットからダンスのムードにクラウドをナビゲートすることを胸にDJプレイをしたという。結果として自分のスタイルを存分に出せたそうだ。

ruralに参加した人も、参加できなかったオーディエンスも必聴の3時間Mixは以下のリンクからストリーミング/ダウンロード可能。

現在DJ Nobuはヨーロッパ・ツアー中。今週末はアムステルダムで開催されるDekmantel Festivalとベルリンの名門クラブBerghainに出演予定。

via XLR8R

DJ NOBU on Twitter

related

【インタビュー】FNCY 『FNCY BY FNCY』| 今だからこそできたこと

ZEN-LA-ROCK、G.RINA、鎮座DOPENESSによるユニットFNCYの2ndアルバム『FNCY BY FNCY』。

【インタビュー】LIBRO『なおらい』|素直に会える日が来るまで

LIBROが約3年ぶりのアルバム『なおらい』をリリースした。一本のミックステープのように聴くことができる本作は、前作『SOUND SPIRIT』発表後、ほどなくして制作が始まった。だがコロナウイルスの感染拡大から露わになった世界的な分断と断絶を目の当たりにして、制作と並行してその様子をゆっくり観察することにしたという。その上で自分が言えることは何か。本作にはそんな思いが散りばめられている。

【インタビュー】JUMADIBA|その眼光が見据えるもの

6月に1stミックステープ『Kusabi』をリリースしたJUMADIBA。サッカーのチャントをサンプリングした“Spike!”を筆頭に、リリカルかつユニークな楽曲の数々がコンパイルされた同作は、シーンや世代を問わず幅広いリスナーの間で話題となった。同時に彼自身もまた、ヒップホップやロック、ダンスミュージックが渾然一体となった同世代のアーティストやDJとリンクアップしながら、今や一つの台風の目とも言える役割を担いつつある。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。