グザヴィエ・ドランがLOUIS VUITTONの2016AWキャンペーンムービーに起用

カナダの映画監督であり俳優のグザヴィエ・ドランがLOUIS VUITTONの2016AWキャンペーンムービーに起用された。

ドランは2009年、20歳のときに『マイ・マザー』で監督デビューを果たし、カンヌ国際映画祭グラン・プリを受賞した最新作『Juste la fin du monde』など6作品を撮っている。またAdeleの大ヒット曲"Hello"のミュージックビデオも監督している。

今回のムービーではドランはバックパック・エクスプローラー、メッセンジャー・ヴォワヤージュなどのレザーグッズとともに登場する。撮影は写真家のアラスデア・マクレランが担当している。ムービーは下のプレイヤーから見ることができる。

LOUIS VUITTON(楽天)

related

Supremeとルイ・ヴィトンのコラボアイテムの転売価格が高騰

今年一番のビッグコラボといえるSupremeとルイ・ヴィトンのコラボアイテムが、とんでもない価格で転売されている。

噂されていたルイ・ヴィトンとSupremeのコラボが公式にファッションウィークで公開

2017年に入ってすぐ、フランスのハイブランドとニューヨークのストリートブランドSupremeの「ハイプ」なコラボの噂が出回っていたが、パリで行われたファッションウィークのルイ・ヴィトンのメンズ部門のショーケースで、そのコラボが真実であったことが明らかになった。

Louis VuitonのKim JonesとNikeがコラボを発表

Nikeの次なるコラボレーターはKim Jones

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。