個人レコードストアの苦難 ― レコード小売業界にまたも逆風が…

世界中でレコードブームが叫ばれるが、レコードストアを経営するのは未だに大変である。もちろん、さまざまなレーベルから集まってきたレコードをレコードストアに届ける役目のディストリビューション(レコード卸業)も簡単な仕事ではない。

そんな業界の苦境を反映してか、ある大手レコード卸会社が一年あたり100万円以上の取引がない小さなレコードストアとはこれ以上直接取引をしないと発表した。そのルールに則って100件ほどのレコードストアとの取引を中止した事が大きな批判を招いている。小さなレコードストアのオーナーは「私たちにとって、これは大変な影響を与えることになる」とPitchforkに語った。

小さなレコードストアと取引を中止したのはWarner Musicのディストリビューション会社、WEA。WEAのスポークスマンは取材に対して「インデペンデントレコードショップに直接卸させていただき、サポートさせていただいているのは光栄なこと。先週、いくつかのレコードショップに対しては、私たちのアーティストを扱っている二次レコード卸を利用して欲しいと伝えた」と語った。

しかしながら「直接卸を使用できないとなると、仕入れが高くなる」と、さまざまな小売店が不安を口にした。
via Pitchfork

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。