DrakeとMeek Millによるビーフが起こった原因はあの人気DJ?!

昨年アメリカのヒップホップシーンで印象的な出来事の1つだった、DrakeとMeek Millのビーフ。インターネット上などではDrakeの勝利として終わり現在のDrake人気の盤石さを感じさせられたが、その発端となった出来事についてあの人気DJが語った。

その人物とはDJ Dramaだ。自身の新作のプロモーションとしてラジオ局Hot'97の番組に出演した彼は、DrakeとMeek Millのビーフで自身がどんな役割を果たしたかを語った。

それはまずMeek Millのアルバムに収録されているDrakeをフィーチャーした曲"R.I.C.O."でDrakeが発したライン"the girl of your dreams to me is probably not a challenge." をMeek Millが以前自身がツイートした内容とかぶっているのをディスされたと考えたことに発する。

 

それに対してDramaはMeek Millをなだめるつもりで、「Drakeはお前をディスってなんかないよ、彼には技術的にあのラインは無理だ」とDrakeがあのバースを書いていないと伝えたが、それにさらに興奮してしまったMeek MillはTwitter上でDrakeにはゴーストライターがいると明かしてしまい、結局はビーフに発展してしまったのだ。

まさにDramaは火に油を注いだわけだが、「大げさにMeek Millに伝えてしまった」ことを番組内で認めている。しかしDramaはそれ以上の役割をこのビーフで果たしていることに関してはキッパリと否定している。そのHot'97の番組は下記で見ることができる。

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。