Tidal、Appleに買収されるか

どうやらAppleが新たにマーケティングの手を伸ばしているようだ。ラッパーのJay Zが開設した会員制音楽配信サイトTidalを、Appleが買収する方向で話を進めていることが報告された。

文 : Ibuki Kasai

詳しいことはまだ明らかにされていないが、Tidal買収のAppleの狙いは、Tidalが持つKanye WestやMadonna、Beyonceなどの大物アーティストとのコネクションであると予想されている。しかし、その当のアーティスト本人たちはまだAppleとの話し合いの場は設けられていないようだ。

TidalはもともとスウェーデンのAspiroという会社に所有されていたが、2015年3月からJay Zに買収され独立している。2500万曲以上の音源と8万5000曲以上のミュージックビデオが視聴可能。現在8ヶ国語で利用ができるが、日本語はその中に含まれていない。

AppleがTidalを手に入れることによって、BeyonceなどのTidalが契約している大物アーティストの音楽配信をできることが保証されることになる。しかしこの話が実現されるかどうかはまだ不明である。

related

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

Awichがメジャー第1弾EP『Partition』について語るインタビューがApple Musicにて公開

本日8月21日(金)にメジャーデビューEP『Partition』をリリースしたAwichのインタビューが、Apple Music上で公開された。

VISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのプレイリスト『New Asia』の第四弾が公開

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリスト。様々なキュレーターのプレイリストなどが公開されてきたが、新たに『New Asia』のプレイリスト第四弾が公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。