カントリー界レジェンドWillie Nelsonと働くチャンス?

アメリカカントリーミュージック界のスーパースターでありながら、長年マリファナ解禁の提唱者としても活動してきたWillie Nelson(ウィリー・ネルソン)が昨年ついにスタートさせた自身の大麻ブランド Willie's Reserve が業務の拡大に伴ってリクルートを始めた模様だ。

この会社のSNSへの投稿によると今回募集するのは製品マネージャー、コンプライアンス責任者、帳簿係、営業の4つの職種。

ネルソンのスポークスマンMichael Bowmanによると、基本的には各州の合法化に伴ってビジネスの拡大と人材確保が必要としているが、今後予測される全米での合法化の波に照準を合わせ、製品の正式なディストリビューターを早急に見つける必要があると述べている。

募集広告によると今回募集予定のほとんどの仕事がいわゆる管理職か事務職であり、実際にはデスクワークの職種であるらしいが、Extractorとして実際成分の抽出等、重要な任務あたる人材に関しては、カンナビスと化学の分野において少なくとも2年以上実績のある実務経験者が望ましいとしている。

気になる方はこちらからひとまず応募をしてはどうでしょうか?

 

RELATED

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。