イギリス国内のレコード売上が1988年以来の水準まで増加。今年これまでに一番売れたレコードは?

Image via: The Vinyl Factory

イギリス国内でレコードの売上が28年前の水準にまでに上昇していることがUNCUT誌の調べによって判明した。

Image via: The Vinyl Factory

現在までのところDavid Bowieの『Blackster』がレコードの2016年ベストセラー1位に輝いている。『Blackstar』は発売から数日後に完売したということだ。

レコード販売最大手のHMVが試算したところによると、今年はHMV128店舗が販売するだけで、150万枚のレコードが消費者の手に届くとみられている。

英国レコード産業協会のGennaro Castaldoによると「2007年に底打ちしたレコードの売上はそこから急激に伸びている。昨年は200万枚のレコードが購入され、これはこの20年で初めての出来事だ。英国レコード産業協会はこのトレンドは続くと考えていて、今年のレコードの総売上は350万枚を突破するだろう」とのことだ。

ファン文化に根ざしたBandcampにおけるデジタル販売、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミング、そしてレコード販売がいよいよ音楽産業を盛り上げていくことを期待したい。

via Vinyl sales reach 28 year peak - UNCUT
http://www.uncut.co.uk/news/david-bowies-vinyl-sales-77247

related

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

【対談】横尾秀俊 (Manhattan Records)× 大原一太郎 (Wolfpack Japan) | アナログレコードはどうなっていくのか

2010年代ストリーミングサービスの隆盛と共に再び注目を集めているのがアナログレコードだ。欧米ではアナログとは反対に売り上げが落ち続けているCDの売り上げを抜いたというニュースも出ているように、この盛り上がりは一過性のものではなく定着したと考えても良さそうだ。日本でもアメリカやイギリスほどではない...

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。