RATM、Public Enemy、Cypress Hillからなるスーパーグループが結成

和田哲郎

先週、突如#TAKETHEPOWERBACKのハッシュタグをとともにProphets Of Rageと名付けられたWebサイトを開設し、6月1日に向けて謎のカウントダウンを開始したRage Against The Machine。

彼らのホームタウンである LAではこれと同じポスターの存在も認められており、2011年のライヴを最後にシーンから離れていた彼らの久々の動向に、ファンは様々な憶測と共に期待を膨らませていた。また、サイト名のProphets Of RageがPublic Enemyの楽曲から取られていることや、Public EnemyのChuck DがTwitterでRATMの2010年のライヴ映像をシェアしていたことなどから、今回の再始動がPublic Enemyとのコラボレーションになるのではないかとも噂されていた。

このような中で、18日にBillboardの報道によりついにこのプロジェクトの謎が明かされた。報道によると、このProphets Of Rageは正確にはRage Against The Machineの再始動ではなく、Tom Morello(Gt)、Tim Commerford(Ba )、Brad Wilk(Dr)といった三人のRATMメンバーに、Public EnemyのChuck D、そしてCypress HillのB-Realが加わった、新グループの結成になるということだ(同バンドにはRATMのヴォーカリスト、Zack de la Rochaは未参加)。さらには、バンドによる初ステージもすでに6月3日にハリウッド・パラディアムで予定されており、夏のツアーも計画中とのことである。

Zack de la Rochaを除くRATMのメンバー3人が共に活動するのは今回が初めてでなく、3人は2001年にSoundgardenのヴォーカリストであるChris Cornellと共にAudioslaveを結成している。

またPublic EnemyのChuck Dは、1996年のピンクポップフェスティバルにてRATMと共演しており、最近では2013年のグラミー授賞にてTom Morelloと共演を果たしている。

related

バーニー・サンダース議員の選挙運動をめぐってヒップホップシーンでも様々な動きが|Kid Cudiが参加を公表し、Public EnemyはFlavor Flavを解雇

今日3月3日はアメリカ大統領選最大の山場の一つであるスーパーチューズデー。野党である民主党からの候補者が大きく絞られるこの重要な日を前に、ヒップホップシーンでも様々な動きが起こっている。

来年のCoachellaのヘッドライナーはTravis Scott、Frank Ocean、Rage Against The Machineか?

4/10(金)〜4/12(日)、4/17(金)〜4/19(日)と2週連続で開催される来年のCoachellaのヘッドライナーについて、Us Weeklyが内部情報を得たと報じている。

Shaquille O’Nealが13歳の頃にPublic Enemyのライブを観た事がきっかけでDJを始めた事を明かす

現在DJとして活動している元プロバスケットボール選手のShaquille O’Nealが、13歳の頃にPublic Enemy とLL Cool Jのライブを観た事がきっかけで DJを始めた事を明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。