iTunes Music Downloadsがもしなくなったとしたら起こる大問題とは?

先日、Digital Music Newsが発表したiTunesから音楽ダウンロードが数年中にできなくなるというニュースは、音楽業界を瞬く間にかけめぐった。そして、普段はこういった報道にいちいち反論しないAppleも、iTunesからダウンロード機能がなくなるのは全くの嘘であると声明を出した。しかし、ここでDigital Music NewsにさらにJane Doeなる人物による再反論記事が掲載された。

それによると、インディーレーベルのほとんどはまとまった収益をストリーミングで得られているわけではないし、フィジカルでも十分な利益を得られていない。なので、そういった売り方の多様化をメジャーほどされていないインディーレーベルは、iTunesからダウンロードサービスがなくなってしまうだけで、消滅の危機に瀕してしまうと筆者は指摘している。ではメジャーはどうかというと、確かにメジャーもダウンロードがなくなることによって損害を受けるが、ストリーミングで十二分に利益を得られるほど巨大なカタログをもっているし、ストリーミングサービスの会社はメジャーと結託していると筆者は辛辣な言葉を続ける。これは、CDが売れなくなっていったことよって受けてきた痛手や旬な目玉アーティストを抱えていればインディーレーベルとして運営できる(実際間違ってはいないのだが)、という事ともまた異なる問題である。2017年、メジャーレーベル同様に”多様化”を進めていかない限り、インディーレーベルにとって死の年となってしまうだろうと筆者は心配している。

また、近年のiTunesアップデートにより、ユーザーに対してもすでに問題点はあると筆者は述べいる。2015年7月のApple Music発足を機に、ダウンロード曲がApple Musicプロダクトとして吸収されてしまい、これまで以上にiTunesでダウンロードした楽曲の管理が複雑になり、Apple Musicと関わりたくなくても関わらなければならないという事態が発生しているのが一つある。さらには、購入したダウンロード曲はすでにApple上で台なしにされていってしまっているという。主にAppleのオフィシャルバージョン・トラックとして変換されたりしているということもあり、Apple MusicによりiTunes Downloadのこれまでのシステムは崩壊されつつあり、Appleがストリーミングの未来を信じる限り、それは続いていくこととなると述べている。記事全文はこちらから。

related

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。