バルセロナのスケーターによるブランド、Free Wifiの新作Tシャツがリリース

スペイン、バルセロナのスケーター、Raul ValenciaによるストリートブランドFree Wifi。これまでも名前通りストレートにインターネットカルチャーから引用したデザインのTシャツをリリースしてきたが、そんなFree Wifiの新作Tシャツが彼らのショップでリリースされた。

今回はMacユーザーにはおなじみのFinderのロゴが使用されているその名もFinder TとHotspot Tの2種類でそれぞれ35ユーロになっている。このTシャツはバルセロナのFTCショップでも販売されているが彼らのウェブショップではすでにFinder Tの方はXLサイズのみとなっている。

New tees now on the webstore! FREE SHIPING WORLDWIDE

@freewifi15が投稿した写真 -

related

ピアニストのJason Moranによるジャズとスケートボードの即興セッションイベントが日本でも開催

傑出した才能と技術でRobert Glasperなどにも影響を与え、リスペクトを集めるピアニストのJason Moran。

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。