Will Butlerが台湾の注目女性ラッパーAristophanesをプロデュース!

カナダのインディーロックバンド Arcade Fire(アーケイド・ファイア)のWill Butler(ウィル・バトラー)が、台湾の女性アーティストAristophanes(アリストファニーズ)の楽曲プロデュースしたことが明らかに、AppleMusicの番組 Beats1にて公開された。

カナダの女性プロデューサー/シンガーであるGrimes(グライムス)の最新作『Art Angels』収録曲"SCREAM"にてフィーチャーされ、彼女の世界ツアーにも同行、一躍その存在を世界に知らしめることとなった台湾出身の女性アーティスト/ラッパーAristopahes。

現在、Arcade FireよりWill Butlerのプロデュース曲およびフルアルバムの制作中である彼女は、先月リリースされたばかりのEP収録曲"Dreams Of Caves"がベルリンのフットワークプロデューサー DJ PaypalによってRemixされるなど、今や引っ張りだこのアーティストである。そんな彼女のWill Butlerとの最新作は、タイトルは未定のままだが、Zane Loweの番組Beats1にて、Grimesのコメント付で聞くことができる。

Grimesは番組にて彼女のようなアーティストは今まで聴いたことがなかった!マンダリン語は話せなせないけど、まるでマシンガンのようなボーカルには圧倒されるし、それを数テイクで完成させてしまうなんて驚きもの!完全にプロフェッショナルの仕事だわ!とAristophanesの才能を大絶賛している。

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。