Murloの「異世界のサウンド」をテーマにしたミックスが公開

グライム、ダンスホール、R&B、ヒップホップなどをクロスオーバーさせ、数々のヒット曲やリミックスを生み出し続けるロンドンのDJ/プロデューサーのMurloが"The Sound of Other Worlds”(異世界のサウンド)というテーマでラジオ番組にDJミックスを提供した。

ロンドンの最重要インターネットラジオ局Radar Radioにて、アンビエント/ニューエイジのNew Atlantis India Jordanがホストを務める "The Sound of…”シリーズは、毎月替わりのユニークなテーマにそってDJ Mixが放送されている。これまでに"The Sound of Sleep”, ”The Sound of Evolution”, “The Sound of Summer”, “The Sonnd of Time”など、興味深いテーマを扱ってきた。クラブシーンで活躍するDJらもゲストで登場し、これまでにロンドンレーベルLocal ActionからもFinnやTom Leaが出演している。

Murloが、自分で作ったクロノトリガーのリミックスをプレイしているところにIndia Jordanが居合わせ、今回の出演に繋がったとのことだ。彼女自身もプログラム前半を担当し、自然史博物館でのフィールド・レコーディングやNASAのボイジャーが土星の輪を回っている時に採取されたサウンド、太陽系の周波数のオーディオサンプル、ケルトの神話音楽、ゼルダの伝説時のオカリナなどを含んだMixを披露している。

Murloは、ヒッグス粒子や原子、DNAのモデルをサウンドへと変換したサウンドスケープのセクションからはじめ、蜂の巣の中の音、蜂やセミの音のサンプリング、鷹とカラス、そして人間世界へとミックスを進める。自身の"Furies Call”やクロノトリガーのエンディング曲のリミックス、新進気鋭のプロデューサーOdekoの”Setsuko"、攻殻機動隊のサウンドトラックを通過して、NASAが宇宙で採取した音、そして、ロシア出身のゲーム音楽作曲家のKirill Pokrovsky、ニューエイジ音楽家Paul Warnerの"The Interplanetary Voyage to Arcturus and Other Compositions"でMurloの旅は締めくくられる。

現在ロンドンの自然史博物館で開催中の”Otherworld"は、NASAが撮影した太陽系の写真とBrian Enoの音楽で構成されている。India Jordanは、その展示に捧げられたBraian Enoの言葉を引用する。

私達は、空間を音の経験としてでしか想像することができない。つまり空間に対する感情を音楽に翻訳することしかできないのだ。

トラックリストやインタビューなどはこちらで確認することができる。

related

Mix for Weekenders Vol.7|Selected by nutsman、Stupid Kozo、KIRAYAMA

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

Mix for Weekenders Vol.6|Selected by Limited Toss、Stones Taro

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

Mix for Weekenders Vol.5|Selected by Submerse、Mayurashka、Disk Nagataki

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。