韓国の新世代プロデューサー、Xin Sehaの1stアルバムがSoundcloudにアップ

デトロイトテクノや80’sエレクトロサウンドに影響を受けたサウンドで、韓国インディーシーンやヒップホップのアーティストまで幅広く注目されているプロデューサーのXin Sehaが2015年にリリースした1stアルバム『24Town』が彼のSoundcloudにアップロードされた。

アルバムには男女ボーカルのかけあいに虫声がアクセントになっているエレクトロニックソウルチューンの”맞닿음”や豪快なドラムマシンのサウンドが印象的ないなたいレトロポップチューンといえる、”대-인 Dance”など全9曲が収録されていて、Soundcloudで聞けるのは上述のトラックを含む5曲。またXin Sehaの最新MixがGOLMOKGILのアカウントにアップされた。こちらは自身が影響を受けた初期ハウスチューンなどで構成した内容となっている。

related

Mix for Weekenders Vol.7|Selected by nutsman、Stupid Kozo、KIRAYAMA

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

Mix for Weekenders Vol.6|Selected by Limited Toss、Stones Taro

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

ソウルのプロデューサーXin Sehaのニューアルバムがリリース | Mogwaa、Qim Isle、NTsKiも参加

ソウルを拠点に活動しポップやハウス、ファンク、バレアリックなどの音楽を中心とした80〜90年代カルチャーに影響を受け、自身のサウンドに昇華しているプロデューサーのXin Sehaのニューアルバム『1000』が昨日10/27にリリースとなった。 フルアルバムとしては2015年の『24Town』以...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。