FNMNLが韓国のカルチャーメディアVISLA Magazineとコンテンツ連携をスタート

FNMNLは新たに2013年に韓国・ソウルで誕生したカルチャーメディアVISLA Magazineとのパートナーシップを結んだ。

VISLA Magazineはサブカルチャーをベースにファッション、音楽、アートなどを扱っているメディアで、ウェブマガジンと共に2017年からは年に4回のペースでVISLA Paperという雑誌も発行、ソウルの最先端のカルチャーを含め世界の流れを紹介している。

FNMNLとVISLAは特集記事などを中心に互いのコンテンツを日本語と韓国語に翻訳し掲載しつつ、両国のカルチャーの理解を深めるようなコラボレーション・コンテンツなども制作していく予定だ。そしてコンテンツ提携の第一弾として、FNMNLはVISLAに今年3月に掲載されていた韓国のファンク求道者Mogwaaのインタビューを翻訳、VISLAにはFNMNLで掲載されているSTUTSのインタビューが翻訳され掲載されている。

今後の両者のコラボレーションをぜひお楽しみに。

http://visla.kr

https://www.instagram.com/vislamag/

RELATED

【インタビュー】Mogwaa | 韓国のムーディーなモダンファンク求道者

スタンダードなモデルから簡易的なバージョンまで、ソウルの永登浦(ヨンドゥンポ)エリアにあるこじんまりとした規模のMogwaaのスタジオは、様々なシンセサイザーとドラムマシーンなどの音楽機材でいっぱいだった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。