VISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのプレイリスト『New Asia』の第四弾が公開

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリスト。様々なキュレーターのプレイリストなどが公開されてきたが、新たに『New Asia』のプレイリスト第四弾が公開となった。

『New Asia』は、VISLAとFNMNLの編集部がアジアのアーティストたちの最新リリースからピックアップしたプレイリスト。今回はTAMTAM、VivaOla、Le Makeup、lil beamz、ONJUICY、dana kim、Park Hye Jin、Lang Leeなどの日本や韓国を中心としたアーティストの楽曲が収録されている。

Info

トラックリスト

dana kim – Get Distance(feat. SFC.JGR)
betcover!! – Love and Destroy
TAMTAM – Summer Ghost
KATIE – ECHO
SUMIN – ZAZA
iri – Coaster
RYKEY – Justice(feat. 仏師)
VivaOla, Wez Atlas – Tokyo Syndrome
KEIJU – Bound For Glory
dodo – Fo
Le Makeup – 微熱
Tiab & Lewz – Sorry
Jiafeng – FaceTime Love(feat. AKINI JING)
KNOTT & lil beamz – Light Speed Dio
PUNPEE – GIZMO (Future Foundation)
Mom – アンチタイムトラベル
Junoflo & Horim – Bloom
Goopy – Prove It
ONJUICY, Carpainter – Space Ship 2094(feat. Utae)
JUBEE – Joyride(feat. SARA-J)
Bongomann – Chips
Sojeso & Mignon – 90
Wedance – City Punk
Yogetsu Akasaka – Heart Sutra
DOTT – Space Below
Park Hey Jin – How come
MOONSUN – Ruiner
Aseul – Dying Practice
Lang Lee – The Generation of Tribulation (feat. Unnie Choir)

related

宇多田ヒカルが『BADモード』のCD発売に先駆け”Face My Fears (A. G. Cook Remix)”のMVを公開|Apple Music 1の看板番組『The Zane Lowe Show』に初出演

最新アルバム『BADモード』が国内配信ランキング1位のほか世界21カ国・地域で上位ランクインするなど大ヒット中の宇多田ヒカルが、2月23日(水)に発売するCDのボーナストラックで収録されている"Face My Fears (A. G. Cook Remix)"のMVを公開した。 https...

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。