VISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのプレイリスト『New Asia』の第四弾が公開

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリスト。様々なキュレーターのプレイリストなどが公開されてきたが、新たに『New Asia』のプレイリスト第四弾が公開となった。

『New Asia』は、VISLAとFNMNLの編集部がアジアのアーティストたちの最新リリースからピックアップしたプレイリスト。今回はTAMTAM、VivaOla、Le Makeup、lil beamz、ONJUICY、dana kim、Park Hye Jin、Lang Leeなどの日本や韓国を中心としたアーティストの楽曲が収録されている。

Info

トラックリスト

dana kim – Get Distance(feat. SFC.JGR)
betcover!! – Love and Destroy
TAMTAM – Summer Ghost
KATIE – ECHO
SUMIN – ZAZA
iri – Coaster
RYKEY – Justice(feat. 仏師)
VivaOla, Wez Atlas – Tokyo Syndrome
KEIJU – Bound For Glory
dodo – Fo
Le Makeup – 微熱
Tiab & Lewz – Sorry
Jiafeng – FaceTime Love(feat. AKINI JING)
KNOTT & lil beamz – Light Speed Dio
PUNPEE – GIZMO (Future Foundation)
Mom – アンチタイムトラベル
Junoflo & Horim – Bloom
Goopy – Prove It
ONJUICY, Carpainter – Space Ship 2094(feat. Utae)
JUBEE – Joyride(feat. SARA-J)
Bongomann – Chips
Sojeso & Mignon – 90
Wedance – City Punk
Yogetsu Akasaka – Heart Sutra
DOTT – Space Below
Park Hey Jin – How come
MOONSUN – Ruiner
Aseul – Dying Practice
Lang Lee – The Generation of Tribulation (feat. Unnie Choir)

related

Awichがメジャー第1弾EP『Partition』について語るインタビューがApple Musicにて公開

本日8月21日(金)にメジャーデビューEP『Partition』をリリースしたAwichのインタビューが、Apple Music上で公開された。

VISLA MAGAZINEとFNMNLのApple MusicのプレイリストでTAMTAMによる「『We Are the Sun!』と一緒に聞いて欲しい楽曲」をテーマにしたプレイリストが公開

韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボプレイリストで、先月約2年ぶりのニューアルバム『We Are The Sun!』をリリースしたバンドTAMTAMによる「『We Are the Sun!』と一緒に聞いて欲しい楽曲」が収録されたプレイリストが公開となった。

VISLA MAGAZINEとFNMNLのApple MusicのプレイリストでShin Sakiuraによる「最近影響を受けている楽曲」をテーマにしたプレイリストが公開

韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボプレイリストで、3月にリリースされた3rdアルバム『NOTE』も話題のプロデューサー、ギタリストShin Sakiuraによる「最近影響を受けている楽曲たち」が収録されたプレイリストが公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。