空間現代と坂本龍一のコラボレーションLP『ZURERU』が11月3日に発売

来年、Sunn O)))のStephen O'Malleyが主宰するEditions Mego傘下のレーベルIdeologic Organよりニューアルバムを発表予定の空間現代と、Yellow Magic Orchestraや数々の実験音楽・映画音楽などで知られる日本の伝説的音楽家坂本龍一の初コラボレーション作品が11月3日(レコードの日)にアナログレコードでリリースされる。

坂本龍一が2017年に発表したアルバム『async』をOneohtrix Point NeverやARCA、コーネリアスなど国内外の様々なアーティストがリミックスした作品『ASYNC - REMODELS』の日本版ボーナストラックに空間現代が抜擢され、その際に制作され収録された「ZURE - KUKANGENDAI REMODEL」が更に坂本龍一のピアノの内部奏法と空間現代の生演奏によって再構成・録音されたものが本作の『ZURERU』となる。

本作には、この二組の共演曲"ZURERU"に加え、空間現代のライブ盤『LIVE』の冒頭やMoe and ghostsとのコラボ作品『RAP PHENOMENON』にも収録され、空間現代のライブではお馴染みの楽曲"数字|SUUJI"が単曲として初めて音盤化。そして坂本龍一が"SUUJI"をリミックスし、7分に及ぶ荘厳なドローンに変換した"SUUJI REMODEL"が作品の最後に収録された。

録音・ミックスはサイデラCEOのオノセイゲン。マスタリングは、ビョークのミックスも手掛けThe Mars VoltaやLightning Bolt、Gang Gang Danceなど数々のマスタリングを手掛けるNYのエンジニアヘバ・カドリーが担当している。

Info

空間現代 × 坂本龍一
『ZURERU』

Format: LP
Label: KUKANGNDAI LLC.
Cat no:KKG-1
発売日: 2018年11月3日
価格: 2300円+税

A-1 空間現代 × 坂本龍一
「ZURERU」

B-1 空間現代
「SUUJI」

B-2 坂本龍一
「SUUJI REMODEL」

RELATED

WWW Xのフロアライブシリーズ第1弾に空間現代、Ramza、行松陽介が出演

東京・渋谷のWWW Xでフロアライブシリーズ『FLOOR X #1』が6/13(水)に開催される。

空間現代が闘病中のECDとのライブアルバム『Live at Waseda 2010』をドネーションとして発表

京都に拠点を移して活動するバンド空間現代が、現在ガンで闘病を続けるECDを支援するためのドネーションアルバムを発売した。

今晩1/3 19時よりDOMMUNEで坂本龍一、宇川直宏たちがナムジュン・パイクについて語る!

東京のワタリウム美術館で開催中の「没後10年ナムジュン・パイク展/2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」に合わせて、今晩1/3 19時よりDOMMUNEで坂本竜一とワタリウム美術館の代表・多利浩一、館長・和多利恵津子、DOMMUNE宇川直宏がナムジュン・パイクについて語り合う。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。