アメリカで多くの企業がストリーミングサービスの音楽をBGMで使用 | 毎年26億ドルの損害が出ているとの試算が発表

SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスは、我々音楽ファンにとってインターネットで合法的に音楽を楽しむための最高の手段だろう。しかし、個人レベルならともかく企業にとってはストリーミングサービスを使用することは必ずしも正しいことではないようだ。

世界的な情報調査会社のNielsenがアメリカ、イギリス、スウェーデン、スペイン、フランス、イタリア、ドイツの企業オーナー5000人へのインタビューを敢行したところ、ほとんどの企業が月額約1000円のストリーミングサービスを使用して店舗のBGMを流していることが明らかになったという。

営利目的でストリーミングサービスの音楽を使用することは違法だが、中小企業オーナーの71%がストリーミングサービスを用いてBGMを流すことが違法だと認識していなかったという。大規模なブランドや企業が店舗でBGMを流す際にはMuzakやSoundtrack Your Brandなどのサービスを使用することがアメリカでは一般的だが、中小企業にとってそれらのサービスは認知されていないのだという。その影響で、本来支払われるべきライセンス料のうち26億ドル(約2900億円)が未払いのままになっているとのこと。

ビジネス向けの音楽ライセンスを提供しているSoundtrack Your Brandはこのような現状を踏まえてアーティストが適切な報酬を得られる企業向けの音楽プラットフォームを開発するよう提言している。Rolling Stoneのインタビューにて、Soundtrack Your Brandの創設者の一人であるAndress Liffgardenは「私たちは、最もインタラクティブかつユーザーフレンドリーなプラットフォームを構築する必要があります。人々にそれを使用してもらうためには、より良いサービスを作らなければならないのです」と語っている。

確かにビジネスとして音楽を使用するためには手続きがどうしても煩雑になってしまうため、便利なストリーミングサービスをそのまま使用したくなってしまうのだろう。単にストリーミングサービスを使用していたオーナーの無知や違法性を糾弾するのではなく、より正しい形に導くためのシステムを作るべきだという提言は妥当だろう。

多くの企業が適切な使用料を支払わずに音楽を流していたとあってはアーティストへの不利益も相当なものになってしまうが、これから構築されるシステムによってアーティストが適切な報酬を得られるようになるのだろうか。

RELATED

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。