Young Thugとエルトン・ジョンの曲“High”はどのようにして生まれたのか

先日、Young Thugの最新EP『On The Rvn』がドロップされたが、やはりEPの最後に収録されているElton Johnとの楽曲“High”は大きな話題となっている。

2015年に、NoiseyでのインタビューでElton JohnがYoung Thugがお気に入りだと公言し、2016年に出会って以来コラボの噂が囁かれていた2人。

そして今回、実際に2人のコラボが実現したわけだが、どのようにして“High”という曲は生まれたのだろうか?
まず、この曲を聴いたときに印象に残るのは、Thugのラップよりもエルトン・ジョンの声だろう。
ニューヨークのプロデューサーStelios Philiによって作られたこのトラックはエルトン・ジョンの1972年にリリースされたシングル“Rocket Man”をサンプリングしている。

そんなStelios PhiliがFADERに曲の制作秘話を語った

彼の話によると、実は2016年にThugとジョンが会っていた時点で“High”は完成していたとのこと。Thugサイドが2年間リリースするタイミングを見計らっていたらしい。

PhiliはNoiseyでのジョンのインタビューを読んで、どうにかして両者を繋げたいと思ったという。

「インタビューを読んで、俺は『これはヤバい!俺がこの2人を繋げる為に出来ることをやらないと』っていう気持ちになったんだ」と彼は明かしている。
その後、Philiが早速ThugのA&RであるGeoff Ogunlesiに連絡をとったところGeoffはそのアイデアを歓迎してくれたそうだ。
そして“High”は誕生したわけなのだが、そこから2年半もの間リリースされずに隠されることとなる。
Philiは“High”がいつリリースされるのかは知らなかったらしく、ビートを作った段階では、その当時Thugが制作中と噂されていたプロジェクト『Hy!£UN35』に収録されると思っていたそう。だが実際は収録されずに、今になってリリースされたというわけだ。

結果的に、大きな話題になっていることは間違いないので、タイミングとしては正しかったのではないだろうか。

Paul McCartneyがKanyeとコラボもそうだが、ロックのレジェンドともいえるアーティストがラッパーとコラボするのは非常に面白いことだ。

今後もこのようなコラボレーションは続いていってほしい。

Stelios Philiのインタビュー全文はこちらから。

RELATED

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。