Errorsmithを迎える『Local X World』にTotal FreedomやFoodmanなどの出演も決定

東京・渋谷のWWWβを舞台にコンテンンポラリーなエレクトロニック/ダンス・ミュージックの実験的な先鋭アーティストを招聘してきたイベント『Local World』が、第10回を迎えWWW Xにて10/20(土)に開催される。

今回はアフロやダンスホールなどを交えた革新的なミニマルテクノ作『Superlative Fatigue』で衝撃を与えたベルリンの鬼才Errorsmithが出演。

90年代よりFiedelとのユニットMMMやSoundhackとSoundstreamとのユニット兼レーベルSMITH N HACKで活躍してきたベテランが、ベルリン・ミニマルの機械性とシンセサイズとアフロやカリブのリズムを取り入れ、みせた新境地をぜひ体感してほしい。

さらに追加ラインナップとしてアメリカから革新的なDJスタイルで知られるTotal Freedom、日本の”奇祭”Foodman、盟友LIL MOFOと共に欧州ツアーも終えたCHANGSIEのダンスホールセット、新作も話題のMars89が出演する。

アフロ、カリブ、ラテンも混じり合う新世代のエレクトロニック/ダンス・ミュージックにおける革新性が掲示される一夜となる。

Info

WWW & WWW X Anniversaries

Local X World Errorsmith & Total Freedom

2018/10/20 sat at WWW X

OPEN / START 23:30

ADV ¥2,000 @RA + iFLYER / DOOR ¥2,500 / U23 ¥1,500

 

Errorsmith [PAN | from Berlin] - LIVE

Total Freedom

Foodman

CHANGSIE - Dancehall set -

Mars89 [南蛮渡来]

RELATED

【メールインタビュー】Errorsmith | アフロとダンスホールの開拓を進める鬼才が織りなす新たなるアンビバレンス

2010年代で最もエキサイティングだった、”ワールド”なインターネットの繋がりから生まれる新しい音楽、交わる文脈、そして浮かび上がる感覚。その先に待ち受けていた次の波は「ローカル」だった。ナショナリズムが再び喚起される中で世界中で「人種」についての闘いは続き、ジェンダーをめぐる問いは加速し、アジア、...

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】『LOST IN KARAOKE』出演者のカラオケの持ち歌

Red Bull Music Festival Tokyoの一環としてカラオケボックスのビルをまるっと借り切ったライブストリーミング配信イベント『LOST IN KARAOKE』が、2018年10月2日(火)19時にカラオケ館西武新宿駅前店から配信される。プライベートに限りなく近い空間で、新気鋭のアーティストを中心にしたラインナップによる、普段よりも親密なパフォーマンスがネット越しに見られるはずだ。

名古屋・栄の地下通路を使用するイベントに環ROY、小林うてな、食品まつりが出演

9/16(日)に名古屋・栄の地下モール「Central Park」が閉店後に、地下通路を使ったイベント『Extra LIVE:道(未知)とのSo good!(遭遇)#1』が開催となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。