Eminemが初めてDr.Dreと出会った時のことをラジオで語る

LL Cool Jのラジオ番組『Rock The Bells』に登場したEminem。『Slim Shady EP』リリース後の、人生の転機となったDr.Dreとの初めての出会いを語った。

ヒップホップに多大な影響を与えたパートナーであるEminemとDr.Dre。音楽史に残る名盤を生み出したこの二人だが、出会った当時、EminemはDr.Dreに比べてまだ知名度の低いラッパーであった。もともとDr.Dreを尊敬していたというEminemにとって、人生を大きく変えるきっかけとなったこの出会いは、彼が『Slim Shady EP』を売り込みにラスベガスを訪れていた時だったという。

ことの始まりは、完成した『Slim Shady EP』を1000枚か2000枚刷り、動き出していた最中だったようだ。「ラスベガスから5000枚ほしいって連絡してきた男がいて、『やばい!』ってなってラスベガスに行ったんだ。いろんな店舗とかに委託販売する作業とかを始めてドタバタしてた」とのこと。「その作業を終えてホテルに戻ってきたらプロデューサーのMarky Bassが『なんかドクターから、お前に会いたいって電話があったよ』って言うんだ。嘘だろ嘘だろ嘘だろ、からかうなって思った」とEminemは当時の心境を振り返った。

Eminemは続けて、Dr.Dreに会いたいとラスベガスに行く前から願っていたことも明かした。「ラスベガスに売り込みに行く直前に、車に女の子二人と乗っていた時”Phone Tap”を車内で流していたのを覚えてる」「それを聞きながら『もしDreに会えたら…』なんて考えてた。そしたら本当に1週間後にDreとミーティングをしてたんだ」と、衝撃を受けたことを語る。

Dr.Dreと契約後した後に、LL CooL Jと始めて鉢合わせた瞬間も覚えているとEminemは言う。アパレルチェーン店『Foot Locker』で出会ったそうだ。「Curtis TuckerとFoot Lockerで”Just Don’t Give A Fuck”のミュージックビデオ用の服を探してたら、そこにお前はいたんだ」と、LL Cool Jに話すEminem。「『ひとりじゃないか』みたいな感じで、俺はめんどくさい絡み方をしたんだ。そしたらお前は俺の歌詞を引用して”Yo, how can I be white/I don’t even exist”って返してきて、クソを漏らしそうになった」とのこと。

さらに同番組内でEminemは、ヒップホップの持つパワーやヒップホップの文化に惚れたきっかけを語り、LL Cool J、Run-DMC、Beastie Boys、ICE-TやFat Boysから影響を受けたと発言。他にも人気が出て脚光を浴びるようになり、ファンひとりひとりにちゃんと対応できなくなってしまった時にファンの立場で考えたと、”Stan”を書いた当時の心境などについても語った。

Eminemも登場したLL Cool Jの持つラジオ番組『Rock The Bells』はデジタルラジオ局『Sirius XM』から。EminemがDr.Dreとの最初の出会いを語る内容は以下の動画から。

RELATED

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみが大会中にNicki MinajとEminemを聴いていたと明かす

テニスの全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみ選手。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持つ大坂は日本に初のグランドスラムシングルス優勝をもたらした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。