ベストサマーチューン 2018 Selected by TAMTAM

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

東京を中心に活動するフィール・グッドなバンドTAMTAMのメンバーによる今夏の1曲。

クロ(Vo/Tp/Syn)

Jenny Penkin - "Born last night"

コメント

昨年から引き続き、テルアビブ発のソウルにお熱。Buttering TrioのレーベルRaw Tapesから出たJenny Penkinのソロ作を、7月の移動中によく聴きました。前に彼女をフィーチャリングした同レーベルのドラマーSol Monkがプロデュース&録音(Sol Monkもカッコイイ)。
歌詞はJenny Penkin本人で、夢うつつが入り交じる散文って感じが凄く好みでした。この曲は特にメロディが禁欲的な中、韻でグルーヴを生んでて最高にクール。なのにエモい。この淡々とぶち上がってゆく感じ、永遠の大好物です。
聞き馴染みある質感と癖のバランスがいかにもRaw Tapesっぽくて、繰り返し聴いても新鮮なEP。

ユースケ(Gt.)

Hollie cook - "Survive"

コメント

「やっぱり夏はレゲエ/ダブだよね。ビーチとかで聴きたいね。」
「でも、今年の夏死ぬほど暑いよね。外でたくない...」

・・・無理せずクーラーの効いた涼しい部屋でチルしましょう。

現行UKレゲエ/ラヴァーズ最高峰のシンガーで、SEX PISTOLSのドラマーPaul Cookの愛娘としても知られるHollie Cookの最新作は、伝統的なレゲエ/ダブのサウンドフォーマットをベースにしつつ、蕩けるようなシンセ、インディーR&Bにも通じる過剰なボーカル音響処理や多重コーラスも相まって、モダン&クールな洗練された音像に仕上がっています。

メロウでトロピカル、且つ気怠く涼しげな世界観は、インドア派の人にも是非おすすめしたい現行レゲエとなっています。もちろん外で聴いても最高。

LORD ECHOや、昨夏のTRADITION - CAPTAIN GANJA AND THE SPACE PATROLのリイシュー辺りから、ディスコ・レゲエや、トロピカル&メロウ系レゲエといったキーワードで、レゲエ/ダブがバレアリックな文脈に接近し始めていることにも注目です。

ともみん.(Key)

Mika Singh & Sachin-Jigar - "Milegi Milegi" (From "Stree")

コメント

なんとなくボリウッド映画の音楽を聴いていて出会った曲。この夏インドで公開予定の映画の曲らしい。
あまりにも暑くて何の情報も処理したくない僕の頭にいつの間にか染み込んで離れない。
きっと夏の間はずっと頭から離れないんだろうなぁ。

高橋アフィ(Dr.)

eon Lowman - "Open"

コメント

暑すぎる夏にどう対抗するか考えましたが、暑さに抵抗することなく溶けていける曲が一番良いのでは!?
というわけで、アンビエント/ニューエイジ/バレアリックの素晴らしい音源をリイシューしているMusic From Memoryより、80sのシンセサイザー・サーフ・ミュージックの編集盤より一曲です。太いシンセのいなたさに、ゆったりブラジリアン風リズム!怪しげで適当なリバーブに蕩けましょう。外でアイスを食べながら、冷房ガンガンな喫茶店でコーヒーを飲みながら、海でも山でも流せば、一気にリゾート気分を味わえます。ちょこっとローファイな質感も、海辺の適当なスピーカーを思い出させて素敵。
またミックスですが、ホームセンター風フュージョンミックスのloco2kit『homecenterride13 : VR summer』は、今年一番聴く音源になりそうです。アーバンでスムースなミックスは、日常を自然にちょっと楽しくしてくれます(トレンディドラマ感出て、家事まで小粋に出来ます)

告知

2018/6/6にフルアルバム『Modernluv』をリリース。CD販売&Apple Music, Spotify等で好評配信中。

2018.8.27 (Mon) 大阪・Conpass Modernluv Release Tour
2018.8.30(Thu)exPoP!!!!!vol.112
2018.9.8(Sat)Alegre vol.41
2018.9.16(Sun)OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT
2018.10.26(Fri)Mime 『Capricious』リリースパーティー

TAMTAM

東京を中心に活動するフィール・グッドなバンド。
[Twiter] @tamtam_jpn

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by LIL MOFO

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by Stupid Kozo

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。