Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

番組が放送された2日後、Kanyeは自身のTwitterにて「Jimmy Kimmel、話せて楽しかったよ。俺が例の質問に困っているというのを読んだ。だがネットに書いてあることについて言わせてくれ。俺は困ってなんかいなかった。質問に答えるチャンスが無かっただけなんだ」との釈明を行なった。

彼によると、問題の質問は時間をかけて考えなければならないもので、答えを口にする前に番組がCMを挟んでしまったのだという。

確かに、問題の箇所を観る限りではKanyeの回答を遮ってCMに移行しているように見えないこともない。

しかし、彼の説明に納得していない者も多く存在しているようだ。その一人であるラッパーのG-Eazyは、Twitterの引用リツイート機能を用いてKanyeに「俺たちはまだ答えを待っているよ。いつでもどうぞ」というメッセージを送っている。答えを考えるのに時間がかかったというのなら、後からTwitterで答えればいいという彼の意見は至極もっともと言えるだろう。

各所で議論を呼んだKanyeのトランプ支持だが、彼の口からされた説明は今の所「トランプは俺と同じ龍のエネルギーを持っているから」というものしか無い。

ちなみに、この時Kanyeに感謝のメッセージを送ったトランプ大統領は、今回の『Jimmy Kimmel Live!』が放送された後も「ありがとう、Kanye。このことが大きな変化を引き起こすだろう」とのメッセージを公開している。

G-Eazyが言う通り、Jimmy Kimmelの質問に対するKanyeの答えを是非とも聞いてみたいものだ。

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Cardi Bのトランプ政権批判動画を用いた楽曲が誕生

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかける動画が先日投稿された。動画は多くの反響を呼び、1500万回を超えて再生された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。