Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

番組が放送された2日後、Kanyeは自身のTwitterにて「Jimmy Kimmel、話せて楽しかったよ。俺が例の質問に困っているというのを読んだ。だがネットに書いてあることについて言わせてくれ。俺は困ってなんかいなかった。質問に答えるチャンスが無かっただけなんだ」との釈明を行なった。

彼によると、問題の質問は時間をかけて考えなければならないもので、答えを口にする前に番組がCMを挟んでしまったのだという。

確かに、問題の箇所を観る限りではKanyeの回答を遮ってCMに移行しているように見えないこともない。

しかし、彼の説明に納得していない者も多く存在しているようだ。その一人であるラッパーのG-Eazyは、Twitterの引用リツイート機能を用いてKanyeに「俺たちはまだ答えを待っているよ。いつでもどうぞ」というメッセージを送っている。答えを考えるのに時間がかかったというのなら、後からTwitterで答えればいいという彼の意見は至極もっともと言えるだろう。

各所で議論を呼んだKanyeのトランプ支持だが、彼の口からされた説明は今の所「トランプは俺と同じ龍のエネルギーを持っているから」というものしか無い。

ちなみに、この時Kanyeに感謝のメッセージを送ったトランプ大統領は、今回の『Jimmy Kimmel Live!』が放送された後も「ありがとう、Kanye。このことが大きな変化を引き起こすだろう」とのメッセージを公開している。

G-Eazyが言う通り、Jimmy Kimmelの質問に対するKanyeの答えを是非とも聞いてみたいものだ。

RELATED

Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。