XXXTentacion射殺事件の容疑者の1人が精神鑑定を受ける予定

XXXTentacionが射殺されるという衝撃の事件から早2ヶ月。先日、この事件の容疑者4名が起訴されたが、そのうちの2名は未だに捕まっておらず懸命な捜査が続いている。

そんな中、すでに逮捕されている2名のうちの1人、Michael Boatwright容疑者が精神鑑定を要求されたようだ。

裁判所の記録によると現地時間の月曜日、専門家達がBoatwright容疑者と面会し、彼に一定の責任能力があったのか、そして罪状は適切か判断するために精神鑑定を要求したとのこと。

精神鑑定はBoatwright容疑者に公正な裁判を保証するとともに、前述したように彼に責任能力があったのかどうかを確認するもので、もし責任能力がなかったと判断された場合、彼は入院することになり精神的な病気、または知的障害の1つである精神遅滞と診断される可能性があるらしい。

今のところ、Boatwright容疑者は他の容疑者達と同じように第1級殺人と銃火器による強盗の容疑で起訴されているが、精神鑑定によって容疑が軽くなることはあるのだろうか。

RELATED

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

Alicia KeysがXXXTentacionをカバーしたことでファンから非難を浴びる

昨年6月に衝撃的な死を遂げたXXXTentacion。そんな彼の死後リリースされたアルバム『Skins』に収録されたトラック“What Are You So Afraid Of”のAlicia Keysによるカバーが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。