伝説的なプロデューサーのScott Storchがドラッグに7000万ドル以上を使っていたと明かす

元The Rootsのキーボーディストであり、Dr. Dreの名盤『2001』のプロデュースを手掛けたことでも知られているプロデューサーのScott Storchが、Hot 97の番組の中でドラッグに多大な額をつぎ込み、自己破産した過去を語っている。

「俺は最も危険なドラッグの王だった」というScott Storchは、「俺は何百万ドルもの金を口座に持っていて、それらを全部ドラッグに使うことが出来た。仕事に行く必要もなかったし、何も心配することはなかった…。なぜそれが本当に危険だったかというと、本当は、普通は、人間ってものは金を使い切ることで生きていけるからだ」と語っており、有り余るほどの資産を持つことの危険性を指摘している。

Storchは「俺は大麻を吸う帝国を作り、それを全部コカインで駄目にした」と衝撃的な発言をしており、コカイン中毒が転落の大きな原因であったことを明かした。
2015年の調査において、Storchは3000万ドルを6ヶ月ごとにコカインにつぎ込んでいたことが明らかになっており、Storchはその時点で7000万ドル(約79億円)以上を損失していたという。

彼は現在ドラッグとアルコールを断ちプロデューサーとして復活を果たしているが、この話を聞けば誰でも「仮に多大な額のお金を手に入れたとしてもドラッグに使うのはやめておこう」というような気持ちになるのではないだろうか。

RELATED

Scott StorchがDr. Dreの『Detox』はリリースされると述べる

現在薬物中毒からの再起を目指しているベテランプロデューサーのScott Storchが、ラジオ番組に出演し共作を行っているDr. Dreの『Detox』がリリースされる予定であることを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。