Mannie FreshがScott Storchとのビートバトルを振り返り「真の勝者は俺だ」と語る

先日、Instagramライブ上で開催されたScott StorchとMannie Freshによるビートバトル。伝説的なプロデューサー二人がそれぞれのヒット曲やエクスクルーシブな新曲を続々と披露し大きな反響を呼んだこのバトルは、視聴者の反応という点においてScott Storchに白星がつく形で終わった。そんな二人のビートバトルについてMannie Freshがインタビューの中で振り返っている。

Complexによると、ラジオ番組Breakfast Clubに出演したMannie Freshはビートバトルについて振り返り、Scott Storchがラップ以外のトラックをプレイするなどルールが明確ではなかったことに困惑したとして、「ヒップホップなら、ヒップホップじゃなきゃいけないだろ。ヒップホップのビートバトルだとは聞いていたが、R&Bのビートバトルだとは知らなかった」と語った。R&Bなどラップ以外のトラックをプレイし雰囲気を変えるScott Storchの予想外の戦略に翻弄されていたことが分かる。しかしバトル自体は彼も楽しんでいたようで、「俺はもっと頑張れた」と語りつつも、「多くのヒット曲が同じプロデューサーによって作られたことを若い世代に気づかせることが出来た」として、この催しが意義あるものだったと振り返っている。

一方でStorchの勝利については「お前は自分が作った訳じゃない曲もかけていただろ。俺はルールを守ったし、俺が流したのは全部Mannie Freshがプロデュースした曲なんだ」と語り、例えば“Still D.R.E.”など自分一人が手掛けた訳ではない楽曲を使用していたStorchに対し自身はあくまでルールを遵守していたことを主張している。さらに「バトルに勝ったのはあなたですか?」という質問に対しては「ああ、もちろんだ」と答えているため、先のバトルの真の勝者は自分だと考えているようだ。

勝敗やルールはともかく、多くのヒップホップファンを熱狂させたScott StorchとMannie Freshのビートバトル。今後も他のプロデューサーによるバトルを是非観てみたいものだ。Mannie Freshのインタビュー全編はこちらから観ることが出来る。

related

Mannie FreshとScott StorchがInstagramライブでビートバトルを開催

Cash Money Recordsの創設者として知られLil WayneやJuvenileを手掛けたMannie Freshと、The Rootsの元メンバーでありDr. Dreの『2001』など数多くの名作を手掛けたScott Storch。そんなレジェンド級のプロデューサー二人が、オンラインでビートバトルを開催した。

Scott StorchがDr. Dreの『Detox』はリリースされると述べる

現在薬物中毒からの再起を目指しているベテランプロデューサーのScott Storchが、ラジオ番組に出演し共作を行っているDr. Dreの『Detox』がリリースされる予定であることを明かした。

伝説的なプロデューサーのScott Storchがドラッグに7000万ドル以上を使っていたと明かす

元The Rootsのキーボーディストであり、Dr. Dreの名盤『2001』のプロデュースを手掛けたことでも知られているプロデューサーのScott Storchが、Hot 97の番組の中でドラッグに多大な額をつぎ込み、自己破産した過去を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。