Young Thugが最新作でChance The Rapperとのコラボをアナウンス

最新作『Slime Language』のドロップを控えているYoung Thugだが、今回そのアルバムにChance The Rapperがフィーチャリングされることが予告された。

Young Thugは先週7月14日(土)、InstagramのストーリーにChance The Rapperが映っている動画を投稿。煙に満ちたスタジオの中で、ヘッドホンを着用したChanceに「最初のヴァースから巻き戻してみてもいいかな?」との声がかけられる様子が収められている。

Chance the rapper on #slimelanguage ? #chancetherapper #youngthug #music #artist #slime #slat ?

takealooktv21@yahoo.comさん(@takealooktv__)がシェアした投稿 -

動画には「@chancetherapper」「#SLIMELANGUAGE」というキャプションがつけられているため、『Slime Language』にChance The Rapperが何らかの形で関わることはほぼ間違いないと言ってよいだろう。
Young ThugとChance The Rapperのコラボレーションは以前にも行われており、SoundCloudにアップロードされたトラック”Big Bs”にて二人のコラボレーションを聴けるほか、2016年にリリースされたChance The Rapperの名盤『Coloring Book』に収録された”Mixrape”にもYoung ThugがLil Yachtyと共に参加している。

以前のコラボレーションはいずれもChance The RapperのプロジェクトにYoung Thugが参加するという形であったが、今回Young ThugのトラックにフィーチャーされるChanceはどのような仕事を見せてくれるのだろうか?

RELATED

Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。