Kanye Westのツイートが額縁に入れられ、美術作品として販売される

Kanye Westのツイートは彼の音楽と同等かそれ以上に話題となり、時に炎上することで知られている。今年は春頃にTwiierに復帰し、突如として哲学書の執筆を始めたことや、「俺はエゴを殺した」と明かしたこと、など様々なツイートが話題となったが、彼のツイートをアートとしていつでも鑑賞できるようになることがわかった。

有名人のツイートを金の額縁に入れ美術品として販売しているベンチャー企業Framed Tweetsが、満を辞してKanye Westのツイートの取り扱いを開始した。

今回取り上げられているツイートは37種類に及び、「俺はこの世代にとってのディズニーなんだ。ヤバいものを世界中に届けたい」「俺は俺みたいな友達が欲しかった」「みんなは、誰かに恋をしたと思ったら鏡の中の自分を20分間も見つめていただけだった、なんて経験があるか?」といった過去の名作から、「昼寝はヤバい」といった今年に入ってから呟かれたフレッシュなものまで様々なツイートが網羅されている。

Is Kanye this generation’s Disney? #framedtweets #kanyewest #disney

Framed Tweetsさん(@framedtweets)がシェアした投稿 -

Kanye West Purchase: Link in bio #framedtweets

Framed Tweetsさん(@framedtweets)がシェアした投稿 -

ツイートは全て金の額縁に入れられ、49ドルで販売されている。Kanye Westのツイートに囲まれて生活してみたいという熱狂的なファンは、一度チェックしてみてはいかがだろうか。Framed Tweetsは他にもRick Rossや50 Centのツイートを販売している。

 

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。