XXXTentacionが生前1000万ドルのレコード契約を行なっていたことが明らかに

先月悲劇的な死を遂げたXXXTentacionはその死の直前自身の祖母のために家を購入するなどさまざまな形で大金を使用していたことが伝えられていたが、今回彼の支出がレーベルとの契約金の税金対策だったのではないかと報じられている。

NewYorkTimesの記事によると、XXXTentacionは来るべきレコードリリースのために8種類の契約をEmpireと行ない、その契約金は1000万ドル(約11億円)にも上ったという。

EmpireのCEOであるGhazi Shamiは彼の死に際して「彼は多くの素材を残したまま死んでしまった」と語っており、契約はそれらのプロジェクトのためのものだったようだ。

XXXTentacionは生前『Skins』というタイトルのアルバムをリリースする予定であると語っていた他、『Bad Vibes Forever』というプロジェクトに取り組んでいることも知られていた。

アルバム『?』の大ヒットの後もコンスタントに作品をリリースし、アーティストとしてのレベルを更に向上させるはずだった彼の死はまさに悲劇と言う他ないだろう。

XXXTentacionの遺産は全て彼の母と弟の手に渡るという。

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。