Kanye Westの「哲学書」はTwitterへの投稿であることが判明 | 「時間」や「生き方」についてのツイートを連投

Twitterに復帰したことでその発言の一つ一つが再び注目されるようになっているKanye Westだが、彼が現在執筆中であるという「哲学書」、“Break The Simulation”の全貌が明らかになりつつある。

インタビューでの「水になりたい」といった発言も話題となったKanyeは先週より現在に至るまでクリエイティブであるためのアドバイスや生きていく上での心の持ちようなどについてのツイートを連日続けているが、その一連のツイートこそ彼がリアルタイムで執筆している「哲学書」なのだという。

彼はこの「哲学書」にはどんな出版社や編集者も関わっておらず、決して金銭を目的とした活動ではないと語っている。

当初は表現やクリエイティビティといったテーマが主だった彼の思索は次第に「時間」や「生き方」といったテーマにまで広がってきたようで、「俺と俺の友達のAnthony Schiller(注:Green Bay Venturesというベンチャー企業の経営者の1人)は常に時間についての問いを、投げかけ続けている。果たして時間は直線に進んでいくものなんだろうか?俺は最近、俺の過ごす時間の中でとても価値のあるインタビューを行なった。どんなものでもお前自身が何か意味のあるものに変えていかないと何一つ意味が無いままなんだ。お前がお前自身の行動を検証しろ」と価値のある時間を過ごすことの大切さを説いた。

こちらのツイートでは「今を生きろ。瞬間を生きろ。今が俺たちの人生にとって最も素晴らしい瞬間で、そしてこれからも良くなり続けていくんだ。人生には良くない部分や退屈な部分、不安でいっぱいの時期もあるだろう。それらすべての瞬間を素晴らしいものとして受け入れろ。これが人生だ。これは俺たちがこれから観る中で最も素晴らしい映画なんだ。」と、人々にポジティブに生きることを呼びかけている。

Kanyeは友人でデザイナーのGosha Rubchinskiyに依頼したタトゥーのデザインが、フリーで公開されているフォントそのままであったことも話題となっているが、そういった出来事も含めて彼は人生を楽しんでいくことが出来るのだろうか。
直近のツイートで彼は、「人々の本当の性格が知りたいのなら、彼らが自身に対して何もしないような人をどう扱うか見てみることだ。」と人間関係のアドバイスまで行なっている。

ネガティブな思考をしてしまいがちな人や生き方に迷いがあるような人にとって、Kanyeの言葉は問題を解決するためのヒントになりうるかもしれない。辛さを感じたときは、彼の「哲学書」に一度目を通してみてはいかがだろうか。

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。