Kanye Westが哲学書を執筆中と語る

現在アルバム制作中と言われているKanye Westだが、2016年の入院騒動以来彼が公の場で発言したりすることは、ほぼなくなっていた。彼はThe Hollywood Reporterに掲載されたデザイナーのAxel Vervoodtのインタビューに参加し、久々に自身の現在の志向などを語った。

Kanyeは「今探求している新しい考えがあるんだ、おれは"Break the Simulation(=偽物を壊せ)というタイトルの哲学書を書いている」と話す。「おれはこの哲学を手に入れた、でも哲学という響きは重すぎるかもしれないから、ただ新しいコンセプトと言ってもいい」とKanyeは続ける。

「おれは写真についての考え方も得たよ、考えはまだ定まってないけど、人類は写真に心を奪われている。それはなぜなら写真が人を現在から離れさせてくれて、過去や未来に連れていってくれるからだ。写真はドキュメントすることができるが、往々にして写真は人々に襲いかかる。みんな思い出の中に住んでしまっているよ」と、Kanyeは写真の魅力と怖さについて話す。

さらにKanyeは歴史についても「人々は何かの歴史を聞きたがり、それはとても重要だが、歴史を重要視しすぎているところがあるとおれは思う」と写真と同様の視点で語っている。

Kanyeはインタビューの中で時間の概念についても話している。「おれはすべての時間が今だと思っている。未来は今ここにあるし、過去も今ここにある」と独特の時間論を話すKanyeは、未来から来た人が実際にいると話す。さらに「人々は1つの時間の中にいて、その中で時間に祝福されない人と、祝福を受ける人がいて、後者の方が結局有名になる。しかしおれは周りの人々やアーティストと時間を超越したエネルギーで関係性を持ったことでビッグになった」と彼独自のコンセプトを述べている。

哲学書以外についてもこのインタビューでKanyeは多くのことも話しており、Louis Vuittonのメンズデザイナーに就任した旧友のVirgil Ablohに対して「おれはadidasでYeezyをやっている。あれはおれのニックネームをつけたブランドだ。おれはそこでスニーカーを売ったよ。女性向けの洋服のナンバーワンブランドがあるだろ。おれはナンバーワンになんてこれ以上なろうと思わない、おれは水になりたいよ。おれはユニセフとかに近づいて、おれが持っている情報を共有してできるだけ多くの人を助けたい、ブランドを推し進めるんじゃなくて」とやっかみともとれるコメントも発している。

まだまだ全貌が明らかではないKanyeの哲学書、一体どんな内容になるのだろうか。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。