Kanye Westが1年間にわたり毎週1枚の作品をリリースしたいと語る

先週のTeyana Taylorのアルバムで幕を閉じたKanye West関連作のリリースラッシュ。

5週間で5作品、自身の作品を含めプロデュースした作品をリリースするというのも尋常なことではないが、Kanyeは実はさらに多くの作品を世に出すつもりだったというのだ。

これはKanyeがアルバム制作をしていたワイオミングでKanyeと共に3日間を過ごしたNY Timesの記者Jon Caramanicaが、同社のPodcastに登場しKanyeの驚きのプランを明かしている。

Kanyeはワイオミングをよほど気に入ったようで、Caramanica記者に対して「ワイオミングに土地を買って、もっとワイオミングで過ごす時間を増やしたい」と述べ、「52週間で52枚の作品を作りたい」と野望を明かしたという。

つまりKanyeは1年間にわたり毎週1枚の自身が関わる作品をリリースするというプランを持っていたのだ。今回は5週間で5枚の作品という形に落ち着いたが、Kanyeはこの驚愕のプランの予行演習を行っていたのかもしれない。ちなみに全曲が7曲入りだとしても52枚の作品をリリースするためには、少なくとも364曲の楽曲が必要で、1日1曲完成させないと追いつかないペースとなる。

 

RELATED

Kanye Westが自身の映画会社を作ろうとしていることが判明

近年は2024年の大統領選に立候補することに意欲を燃やしているKanye Westが、今度は映画業界にも進出しようとしていることが明らかになった。

Kanye WestがChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』をリリースへ

現在ニューアルバムを制作中のChance The Rapperは、その傍らでKanye Westとの7曲入りのコラボ作も制作していると先日述べていた。

Kanye WestとLil Pumpのコラボ曲"I Love It"がYouTubeの1週間の再生記録を達成 | 10日で1億回越え

アダルトサイトPornhubのアワードでのプレミア上映も話題となったKanye WestとLil Pumpのコラボ曲"I Love It"がYouTubeで初週の再生回数記録を達成した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。