Kanye Westが1年間にわたり毎週1枚の作品をリリースしたいと語る

先週のTeyana Taylorのアルバムで幕を閉じたKanye West関連作のリリースラッシュ。

5週間で5作品、自身の作品を含めプロデュースした作品をリリースするというのも尋常なことではないが、Kanyeは実はさらに多くの作品を世に出すつもりだったというのだ。

これはKanyeがアルバム制作をしていたワイオミングでKanyeと共に3日間を過ごしたNY Timesの記者Jon Caramanicaが、同社のPodcastに登場しKanyeの驚きのプランを明かしている。

Kanyeはワイオミングをよほど気に入ったようで、Caramanica記者に対して「ワイオミングに土地を買って、もっとワイオミングで過ごす時間を増やしたい」と述べ、「52週間で52枚の作品を作りたい」と野望を明かしたという。

つまりKanyeは1年間にわたり毎週1枚の自身が関わる作品をリリースするというプランを持っていたのだ。今回は5週間で5枚の作品という形に落ち着いたが、Kanyeはこの驚愕のプランの予行演習を行っていたのかもしれない。ちなみに全曲が7曲入りだとしても52枚の作品をリリースするためには、少なくとも364曲の楽曲が必要で、1日1曲完成させないと追いつかないペースとなる。

 

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。