Kanye Westは音楽の歴史の中で最もゴーストライターを使っているとJames Fauntleroyが主張する

現在行われているDrakeとPusha Tのビーフによる余波は、すでに一度Kanye Westに向かって行ったが、さらにもう一波が押し寄せた。

このビーフに関連してKanyeを最初に批判したのはRhymefestだったが、次はCocaine 80sのメンバーでこれまでにDrakeに曲を提供もしたことがあるJames Fauntleroyだ。

James FauntleroyはPusha Tのディス曲の中で、Drakeと共にディスられたNoah "40" Shebibを擁護するコメントをTwitterに投稿。

40はディス曲で言われているような人間ではないと擁護しつつも、Fauntleroyは返す刀でKanye Westは音楽の歴史の中で最もゴーストライターを使ったアーティストだと主張している。

さらに勢いに乗ったFauntleroyは、「Kanyeにはゴーストライター、ゴーストスタイリスト、ゴーストプロデューサーがいる、全てがゴーストだ。奴らが幽霊が見えても不思議じゃないよ」と述べている。新作『ye』では参加アーティストの数こそ減ったがKanyeの近年の作品には多くのアーティストたちが参加しているのはクレジットにも明記されている。

これ以外にもゴーストライターがいるのだろうか、もしくはKanyeがクレジットしていることを知らずにFauntleroyはゴーストと言っているのだろうか。そんな中で興味深い噂話が出ている。

なんとビーフの張本人であるDrakeがKanyeの新作『ye』に収録されている"Yikes"のフックをクレジットされずに書いているというのだ。Hot 97のPeter Rosenbergが語ったこのエピソードが、本当ならばFauntleroyの主張にも信憑性が増すが真相は如何に。

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。