Pusha TとDrakeのビーフの余波でKanye West一家とRhymefestによる新たな戦いが勃発

先週金曜日のPusha Tのアルバムリリースに端を発するDrakeとのビーフは、思わぬところに波紋を広げている。

本日DrakeがPusha Tにプロモーション費用として10万ドルの請求書を公開したのは伝えたが、これに乗じてKanye Westを批判したのがRhymefestだ。彼はKanyeと同郷のシカゴ出身のラッパーで、Kanyeの"Jesus Walks"に作詞家として参加している。また2011年からKanyeなどと共にKanyeの亡き母Donda Westさんの名前を冠したNPO法人Donda's Houseを運営している。

Donda's HouseはDondaさんの功績を讃えると共にシカゴの若者たちをサポートする活動を行っているが、その運営者であるRhymefestがDrakeに対して送ったリプライが発端だ。

Rhymefestは、「DrakeにKanyeが放棄したシカゴのサポートを依頼した」とツイートし、その後リプライで「G.O.O.D. Musicが請求額を振り込んだら、そのお金で若者をサポートするDonda's Houseを助けてくれないか?Kanyeとそのことについて話したら、彼のレスポンスは『シカゴの若者はクソだ』というものだった」と衝撃的な事実を明かしている。

Kanyeは以前オバマ前大統領を批判する際に「シカゴは全く変わらなかった」という趣旨の主張をしていただけに、このKanyeの発言はそういった意味でも中々のインパクトだ。

これに対してRhymefestに反論したのはKanyeの妻であるKim Kardashianである。KimはDonda's Houseが作られた経緯をTwitterで明かしており、元々はKanyeとDondaさんがLoop Dreamsというチャリティー団体を運営していたが、Dondaさんが亡くなったあとで名前が変更になり、KanyeがRhymefestに給料を支払う形で運営を続けていたという。

しかしKanyeの資産的なトラブルとDonda's Houseの経営不振もあり、Kanyeは給料が払えなくなりRhymefestにDonda's Houseの経営を譲っており、Kanyeは身を引いたという。

なのでKimはRhymefestにKanyeを批判する資格はなく、公の場で辱められただけだとRhymefestを批判している。その後Rhymefest側はDonda's Houseの名前を変更し今後一切使用しないという発表を行っている。平行線を辿るKanye側とRhymefest側だが、真相は一体どのようになっているのだろうか。

 

RELATED

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。