Homecomingsが京都新聞のイメージキャラクターに抜擢 | 京都文化博物館でフリーライブも開催決定

Homecomingsが2018年の京都新聞イメージキャラクターに抜擢され、4月から放送中の京都新聞のテレビ・ラジオCMに出演中だ。

CMのために書き下ろした楽曲"アワー・タウン"と共に出演しているHomecomings。CMは『Homecomings編』、バンドとサヌキナオヤが京都みなみ会館で開催した映画&音楽イベントにフォーカスした『New Neighbors/みなみ会館 編』の2ヴァージョンがあり、ウェブ限定で各CMのロングバージョンが公開された。

また6/1(金)に京都文化博物館 別館ホールにて京都新聞CM曲発表ミニコンサートを開催。ライブ初演奏となるCM曲や代表曲の数々をアコースティックの特別編成で演奏予定だ。こちらは参加無料、先着200人限定での事前申込制となっている。

Info

kyotoshinbun_1_f800

2018年6月1日(金)
「京都新聞CM曲発表 Homecomingsミニコンサート」
開演:午後7時(開場:午後6時30分、終演:午後8時予定)
会場:京都文化博物館別館ホール (京都市中京区三条高倉)
参加料:無料(事前申込制・先着200人)

詳細:京都新聞アート&イベント情報サイト【ことしるべ】
http://event.kyoto-np.co.jp/
お問い合わせ:京都新聞COM事業局「ホムカミコンサート係」
電話:075-255-9754(土日祝を除く午前10時~午後5時)

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。