SpotifyがR. KellyやXXXTentacion、Tay-Kの楽曲を差別的なコンテンツだとして公式プレイリストから排除

ストリーミングプラットフォームのSpotifyが、下した決断が大きな反響を呼んでいる。

Spotifyは差別に関する規定の改定を行い、それにより現在多くの女性からセクシャルハラスメントで訴えられているR. Kellyや、元ガールフレンドへの暴行疑惑がかけられているXXXTentacion、強盗殺人に関わった疑いがあるTay-Kの楽曲をSpotifyの公式プレイリストから排除することを決定した。

これらのアーティストの楽曲は未だにSpotify上では聴くことができるが、今後公式のプレイリストには入ることはないとのことだ。Spotify側はBillBoardに対してR.Kellyに対する措置についてのコメントを発表

Spotifyは「彼の音楽はSpotify上で聴くことは可能だ、しかしSpotifyは積極的にプロモーションしない。Spotifyはアーティストやクリエイターの行動による検閲は行わない、しかし私たちは自分たちのプログラムに何をチョイスするかについて、私たちの価値観を反映させることを求めている。アーティストやクリエイターが差別的であったり有害なことなどをした場合に、私たちがそのアーティストやクリエイターをサポートし、一緒に何かをすることには影響が出るかもしれない」と自らのスタンスを発表した。

今回のSpotifyの規定では差別的なコンテンツとは「人種や宗教、性別、国籍、性的指向、または障害などの特性に対して、グループまたは特定の個人への憎悪を扇動することや主張、促進すること」とされている。

このSpotifyの決定に対してアーティスト側は反発。R. Kelly側はBuzzFeedに対して「R. Kellyはこれまで差別的だとして批判されたことはない、彼はリリックで愛と欲望について書いてきた」と差別的なコンテンツではないとコメントしている。

RELATED

R. Kellyついに万事休すか | 所属レーベルが新作のリリースを差し止め、Chance The Rapperもコラボ曲を配信サイトから引き上げ

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の公開以来、世間を騒がせ続けているR. Kelly。検察による捜査や実の娘による告発文書の公開などで四面楚歌といった状況の彼だが、所属レーベルのRCAが彼の楽曲のリリースを差し止めているとTMZが伝えている。

R. Kellyの娘が父を告発する文書を公開 | 「父はモンスター」という文言も

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送を機に性的暴行の数々が明るみに出たR. Kelly。音楽シーンの内外から非難の声が数多く寄せられる中、R. Kellyの実の娘が彼を告発する文書を公開している。

FutureがR. Kellyの騒動について「みんなが関心を持ちすぎている」と語る

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送をきっかけに音楽シーンの内外に波紋を巻き起こしているR. Kelly。Chance The RapperやCommonなどのアーティストがこの件についてのコメントを発表する中、2012年の楽曲“Parachute”でR. Kellyとのコラボを行なった経験のあるFutureが前述の二人とはまた違った考え方を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。