アメリカの少年がテスト中に携帯電話の持ち込みが禁止となり代わりにレコードプレイヤーを持ち込みKanye Westを聴く

現在アメリカの学校では中間試験中。試験ではカンニングに使われる可能性もあり携帯電話の持ち込みが禁止されることも多いと思うが、そんな措置に対してある生徒が驚きの対抗策を試みた。

あるミドルスクールの教師をしているEric SauerackerさんはTwitterに「今日生徒たちは物理の試験を受けていた。私は携帯電話は禁止だと言ったが、音楽を聴くことについてはダメとは言わなかった。だから生徒たちはカンニングできる可能性があった」とツイートし、こう続けている。「ある生徒がレコードプレイヤーを持ち込み、試験中にKanye Westを聴いている」と1人の少年がレコードプレイヤーを机に置き、ヘッドフォンをしてKanye Westの『The College Dropout』を聴いている写真も共にアップされている。

さらにこの生徒はKanyeの他のアルバムも持ち込んでおり、根っからのKanyeファンであることがうかがえる。

さらにEricさんはTwitterにこの生徒のアカウント名を公開している。

このアカウントに対してKanyeのファンアカウント@TeamKanyeDailyが、教室には持って行っていなかった『808s & Heartbreak』のレコードを持っていなかったらあげたいとツイートしたところ、この生徒@TheItalianPaccaは「ちょうどガールフレンドに買ってもらったところだよ、でもありがとう」と返答している。

@TheItalianPaccaくんも待ちわびているだろうKanyeの新作はいつになるのだろうか。レコードが出たとしたら確実に彼は購入するのは間違いない。

RELATED

Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。