PUMAからランニングシューズの名作RSシリーズが復活 | 新作と復刻版を展開

PUMAが80年代にリリースしていた革新的なクッション技術を搭載したランニングシューズの名作RSシリーズが復活する。

1986年にシリーズの最初にリリースされたRS-100はメッシュとレザーのアッパー、パッド入りの履き口、R-SYSTEMテクノロジーのクッションニングシステムとゴム製のアウトソールを備えていた。その後にRSコンピュータシリーズが登場。

このシューズはランナーのパフォーマンスを分析するために、コンピュータ技術を搭載した初めてのシューズだった。右のかかとに内 蔵されたカスタムデザインのコンピュータチップはタイム、距離、消費カロリーを自動的に記録、PCにも転送ができた。

Computerschuh_1986

1986_Computerschuh_eng

そんなRSシリーズをベースに現在のトレンドを取り入れたのが、今回新たにリリースされるRS-0だ。グリーンを使用した配色は、かつてのPUMAを象徴するアーカイブグリーンを未来に引き継いでいることを示している。

18SS_SP_RS_Future-Retro_0337

18SS_SP_RS_Future-Retro_0348

18SS_SP_RS_Future-Retro_2897

18SS_SP_RS_Future-Retro_3204

PUMAは2018年春夏シーズンからRS-100とRS-350の復刻モデルと最新モデルであるRS-0をリリース予定だ。また先日RSシリーズとSEGAの人気キャラソニック・ザ・ヘッジホッグとのコラボレーションも発表されている。

RELATED

BILLY’S限定で展開されるNIKE CLASSIC CORTEZ PREM

CORTEZは1972年にNikeが発足されると同時にデビューした記念すべきモデルだ。 シンプルさと履き心地のよさを兼ね備えたクラシックデザインが魅力のCORTEZが、レザーのアッパーと軽量クッショニングを組み合わせ、ランニングをイメージした歴史的なデザインをリスペクトし落ち着いた雰囲気漂うデ...

PUMAとBig Seanによる2018 AWコラボコレクション

PUMAとラッパーのBig Seanによる2018年秋冬コレクションが、先週末に発売開始された。

BILLY’S広島店がオープン | Vansのアイテムを先行リリース

BILLY’Sが9店舗目となる広島店を本日オープンする。 広島店の内装のコンセプトは、「FUSION」。店内は2層からなり、一つ一つの面のシューズの見せ方を変え、 既存店とはまた違う雰囲気を楽しめる。店内には広島出身のアーティスト河村康輔の作品も展示...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。