PUMAからランニングシューズの名作RSシリーズが復活 | 新作と復刻版を展開

FASHION  2018.04.10  FNMNL編集部

PUMAが80年代にリリースしていた革新的なクッション技術を搭載したランニングシューズの名作RSシリーズが復活する。

1986年にシリーズの最初にリリースされたRS-100はメッシュとレザーのアッパー、パッド入りの履き口、R-SYSTEMテクノロジーのクッションニングシステムとゴム製のアウトソールを備えていた。その後にRSコンピュータシリーズが登場。

このシューズはランナーのパフォーマンスを分析するために、コンピュータ技術を搭載した初めてのシューズだった。右のかかとに内 蔵されたカスタムデザインのコンピュータチップはタイム、距離、消費カロリーを自動的に記録、PCにも転送ができた。

Computerschuh_1986

1986_Computerschuh_eng

そんなRSシリーズをベースに現在のトレンドを取り入れたのが、今回新たにリリースされるRS-0だ。グリーンを使用した配色は、かつてのPUMAを象徴するアーカイブグリーンを未来に引き継いでいることを示している。

18SS_SP_RS_Future-Retro_0337

18SS_SP_RS_Future-Retro_0348

18SS_SP_RS_Future-Retro_2897

18SS_SP_RS_Future-Retro_3204

PUMAは2018年春夏シーズンからRS-100とRS-350の復刻モデルと最新モデルであるRS-0をリリース予定だ。また先日RSシリーズとSEGAの人気キャラソニック・ザ・ヘッジホッグとのコラボレーションも発表されている。

MUSIC

FASHION

CULTURE