奥山由之が300人の高校生の熱気を捉えた写真集『POCARI SWEAT』が刊行へ

2017年のポカリスエットの春、夏のキャンペーン広告は、約300人の高校生が一糸乱れず踊るCMや、その白熱する様子を捉えた駅貼りポスターが話題となった。

その制作の舞台裏では約1ヶ月に及ぶダンスレッスンが行われており、300人の若者と写真家の奥山由之も同じ時を共にしていた。

奥山の眼差しが、微かな息づかいや胸の高鳴り、みなぎる熱量など、そこに確かにあったものを逃さず捉えていった写真が、アートディレクター・町口覚の手により写真集『POCARI SWEAT』として刊行されることになった。

1

2

本書には話題となったポカリスエットの広告写真約123点を掲載、「たった一枚で受け手の感情に強く残る」写真と、広告業界内でも高い評価を得た力強い内容となっている。

3

4

5

総カット数10,000を超える写真の中から選び抜かれた、奥山が視た高校生の姿に触れることができる。

Info

cover-obi

◻書名: POCARI SWEAT

◻発売日:2018年4月6日

◻著者:奥山由之

◻アートディレクター:町口覚

◻判型:220mm×141mm/上製

◻総頁:128頁

◻定価:本体 2,300円+税

ISBN 978-4-86152-683-1 C0072

RELATED

roshin booksとflotsam booksによる写真集に特化したアートブックフェア 『Photobook JP』の第2弾が開催

昨年roshin booksとflotsam booksの共同企画イベントとして横浜の大さん橋ホールにて開催され、4日間にのべ1万人以上の来場者数を記録した『Photobook JP』の第2弾が開催される。

ブルックリンを拠点に活動するCole Barashが写真集『Stiya』の出版を記念した展示を幡ヶ谷gallery communeにて開催

2015年発表の写真集『Grimsey』がTIME誌のトップフォトブックの一つに選出された写真家のCole Barash。LAのインディペンデント写真出版レーベルDEADBEAT CLUBからとなる写真集『Stiya』のリリースを記念した展示を2/15(金) ‒ 3/3(日)まで幡ヶ谷gallery communeにて開催する。

奥山由之の写真展『白い光』がキヤノンギャラリーSにて開催

写真家・映像作家の奥山由之による写真展『白い光』が3月7日(木)よりキヤノンギャラリーSで開催される。2011年に『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞を受賞し、2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞を受賞したほか、数々の写真集出版や、精力的な展覧会での作品発表、また映像作家としての活躍も著しい彼は、今回の写真展で「写真を見る」という行為を再認識させるような展示を行う。時代を牽引する写真家の感性が溢れる作品群を是非ご覧あれ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。