NF Zesshoが3rdアルバムを4月にリリースへ | 唾奇、Sweet William、Arμ-2、lee (asano+ryuhei)などが参加

福岡を拠点とするラッパーでビートメイカーのNF Zesshoが、3年ぶりとなる3rdアルバム『CURE』を4/25にリリースする。

エグゼクティヴプロデューサーとしてPitch Odd Mansionを主宰するMVディレクター兼プロデューサーのKunieda Shintaroが名を連ねる本作には、唾奇やRAITAMENやサトウユウヤが客演で参加。

ビートメイカーではSweet William、Arμ-2、Yoshinuma、lee (asano+ryuhei)といったNF Zesshoの盟友達が集結した意欲作。

本作はこれまで数々のミックステープをインターネット上にドロップしてきたNF Zesshoの活動が集約されたアルバムとなるだろう。

Info

LEXCD18005JKT

アーティスト:NF Zessho(エヌエフゼッショー)
タイトル:CURE(キュアー)
発売日:2018/4/25(水)
価格:2,300円+税
品番:LEXCD18005
JAN:4560230527440
ジャンル:J-HIPHOP
仕様:国内CD1枚組
-------------------------
【Tracklist】
01.[Side B]intro
02.Water flow 【Prod. by NF Zessho】
03.Jenny Gump 【Prod. by NF Zessho】
04.Unlade 【Prod. by NF Zessho】
05.skit
06.Blono's Way 【Prod. by NF Zessho】
07.Velvet Sofa 【Prod. by NF Zessho】
08.the World Beginning 【Prod. by NF Zessho】
09.Inner Child 【Prod. by NF Zessho】
10.[Side A]intro
11.Jenny Gump[Another] feat.サトウユウヤ 【Prod. by NF Zessho】
12.Blono's Way[Another]feat.RAITAMEN 【Prod. by Sweet William】
13.Velvet Sofa[Another] 【Prod. by lee (asano+ryuhei)】
14.Refrain feat.Yoshinuma 【Prod. by Yoshinuma&NF Zessho】
15.Hey People 【Prod. by Arμ-2】
16.Wonder Child feat.唾奇 【Prod. by NF Zessho】

RELATED

『頂 -ITADAKI- 2019』の第三弾ラインナップが発表|スチャダラパー、唾奇、MIGHTY CROWN、思い出野郎Aチームなどが出演決定

静岡・吉田公園特設ステージで開催される『頂 -ITADAKI- 2019』の第三弾ラインナップが発表された。

Aru-2のボーカルプロジェクト名義作から"Rocka Bama Baby / A H O”のミュージックビデオが公開

2013 年にOILWORKS Rec.からデビュー作をリリースし、JJJやKID FRESINOなどの楽曲プロデューサーにも携わるAru-2。

唾奇×Sweet Williamによるアルバム『Jasmine』のインスト盤がリリース

2017年に沖縄出身のラッパー唾奇とビートメーカー・プロデューサーのSweet Williamのダブルネームでリリースされたアルバム『Jasmine』。今回、同作のSweet Williamによるビートのみを収録した作品『Jasmin Instrumentals』が2年の時を経て本日リリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。