【特集】starRo 『HANG OVER feat. KID FRESINO, 鋼田テフロン』| starRoとKID FRESINOへの10の質問

本日緊急リリースとなったstarRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたニュ−シングルでパーティーチューンの"HANG OVER"

starRoが拠点とするLAから今の東京を見た「自由なバイタリティー」の可能性をテーマにした今回の楽曲は、starRoらしいメロディックかつ立体的なトラックに、FRESINOが彼らしいリズムに対して自由さを感じるフロウで応戦し、謎のシンガー鋼田テフロンは印象的なサビを歌い上げている。

この楽曲のリリースを記念して、starRoとフィーチャーされているKID FRESINOに10の質問を用意。それぞれ日米で生活経験のある両者にとってのパーティー、そして"HANG OVER"などについても聞いた。質問は共通のものが5つ、それぞれへの個別質問が5つとなる。

starRoへの10の質問

starRo

Q1. 互いの音楽の印象は?

starRo - 古いものも新しいものも吸収しつつ、タイムレスな音楽というイメージです。

Q2. 個人的に日本とアメリカが一番違うと思う部分は?

starRo - アメリカの方がアンダーグラウンドな音が大衆音楽にも浸透してる感じです。

Q3. 鋼田テフロンに一言

starRo - かっこよすぎます。

Q4. これまで一番Hang Overした経験は?

starRo - 常にHang Overです(笑)

Q5. これまで体験した印象的なパーティーの記憶を教えてください

starRo - 最近ではクロアチアの島でやったパーティーが面白かったです。遺跡と海があるロケーションで朝まで踊りました。

Q6. トラックのテーマは?

starRo - 題名通り二日酔いですが、昨晩の記憶がないようで実はあるというリアルな二日酔い状態を描いてます。

Q7. 東京の音楽シーンについてどう感じているか?

starRo - どんどんドメスティック路線になってると思います。独特の文化が生まれるという意味でいいことでもあるし、僕のように国外拠点の人間にはチャレンジングな部分でもあります。

Q8. いま注目しているアジアの注目アーティストとその理由は?

starRo - アジア在住じゃないですけど、Yaejiですかね。トラックの絶妙な世界観と韓国語のリリックの響きの組み合わせがたまらないです。

Q9. 現在の自身の関心のあるサウンドについて教えてください。

starRo - 個人的にはレトロな音に戻りつつあります。レトロを新しい音で再解釈してるような音が今の好みです。

KID FRESINOへの10の質問

image2

Q1. 互いの音楽の印象は?

KID FRESINO - クオンタイズが独特。素敵。

Q2. 個人的に日本とアメリカが一番違うと思う部分は?

KID FRESINO - 積極性。良くも悪くも。

Q3. 鋼田テフロンに一言

KID FRESINO - 良き。

Q4. これまで一番Hang Overした経験は?

KID FRESINO - 20歳ぐらいの時に1、2回。今はお酒特別な時以外飲まない。

Q5. パーティーとはどんなものでしょうか、またこれまで体験した印象的なパーティーの記憶を教えてください

KID FRESINO - 思いやり、、、良心。。Down North Campが主催している『Refugee Market』が池袋bedでよく開催されていた頃は、いつも時間が止まったような錯覚を覚えるほど、幸せな時間でした。良い思ひ出です。

Q6. このトラックから感じたり見えたイメージは?

KID FRESINO - 盛り上がっているパーティーに1人置いてきぼりになっている。でも楽しい。って感じの画は浮かびました。内面的多幸感、、

Q7. 最近聴いている音楽とその曲の魅力は?

KID FRESINO - さとうもか - "Lukewarm" めちゃ可愛い所。

Q8. コラボレーションのいいところは?

KID FRESINO - 一人分の仕事量が減る点。

Q9. いわゆる一般的なヒップホップではないトラックを好んでる印象がありますが、いまどんなトラックで曲をやってみたいですか?

KID FRESINO - JJJのごっつええやつか、「あなたがいるなら」的なやつ。

Q10. 今年はどんな年になっていく予定ですか?

KID FRESINO - フェスとかに出て、調子良さそうに見せたい。

Info

Web

発売日:2018年03月14日(水)

形態:配信シングル

タイトル:HANG OVER feat. KID FRESINO, 鋼田テフロン

品番:TFDS-00448

作詞:KID FRESINO, Kickhaiku

作曲:starRo, 鋼田テフロン, ROMderful

編曲:starRo

【ダウンロードサイト】

▼iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/1353711878?l=ja&ls=1&app=itunes

▼レコチョク
http://recochoku.com/t0/1006467066/

【サブスクリプションサイト】
▼Apple Msuic(アーティストページ)
https://itunes.apple.com/jp/artist/starro/419411336?l=ja&ls=1

▼Spotify(アーティストページ)
https://open.spotify.com/artist/2kvBsTdtEvwUGOaSDDiKZg?si=7uPMVfvnTH6GK669x5JlBw

▼AWA(アーティストページ)
https://mf.awa.fm/2FIQe23

▼LINE MUSIC(アーティストページ)
https://music.line.me/artist/mi000000000ac7c78b

RELATED

Taeyoung BoyがFriday Night Plansをフィーチャーした"Ain’t nothing"をリリース

EP『GIRL』をリリースし、様々な客演もこなしているTaeyoung Boyが、新鋭R&BシンガーのFriday Night Plansを客演に招いた新曲"Ain’t nothing"を本日リリースした。

【特集】IAM来日直前スペシャル | 多文化主義をベースとしたフレンチ・ヒップホップの巨人

広く知られているように、フランスは、世界第二位のヒップホップ大国だ。少なくとも、今現在に至る過去20年をザッと振り返ってみても、総合アルバムチャートのトップ10にヒップホップ及びラップ作品が一作も入っていない週などなかったのでは、と言っても決して言い過ぎではないほど、セールス面においても一ジャンルとして安定した人気をも維持している。

熊本で開催されているイベント『spoon』の4周年にKID FRESINO、JJJ、C.O.S.A.、STUTS、DJ CH.0などが出演

熊本発のDJ/ライブイベント『spoon』が4周年パーティーを、12/8(土)に熊本NAVAROで開催する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。